TUNAMI TERZO XX V2 (XLRインターコネクトケーブル)

もっと見る

TUNAMI TERZO XX V2 (XLRインターコネクトケーブル)

世界初3E撚り構造を採用したTUNAMI TERZO XX V2
標準品で0.7m、1.0m、1.3mとお選びいただけます。
1.3m以上の長さをご希望の方は、こちらのカスタム専用ページよりお選び下さい。

20%OFF

¥32,400

¥25,920

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

ラインケーブルとしては異例の1.25スケアもの極太導体によるハイパワー伝送と、厳重な3レイヤーシールディングによって、インターコネクトケーブルの表現力を飛躍させた初代“TUNAMI TERZO”。
そのアグレッシブなサウンドとパフォーマンスの高さは、広く世界のオーディオファイルの心を掴みました。
ところが2013年、PCOCC-A導体の供給終了に伴い、図らずも初代“TUNAMI TERZO”は生産完了の憂き目に遭います。

しかし2014年、その命脈は精密導体“102SSC”によって“TUNAMI TERZO V2”に受け継がれます。
吟味されつくした初代モデルのコンセプトを継承すべく、“TUNAMI TERZO V2”の構造は初代モデルをそのまま継承。
精密導体“102SSC”によって徹底的に磨き上げられ、新たなテイストを纏ったオヤイデの自信作をぜひご堪能下さい。

3E導体構造とは

3E 撚り構造は同心撚り配列構成の一括集合撚り線導体で、3種類の異なる素線径を配置する事により、撚り線配列を緻密化。
導体構成の細径化が可能となり、導体特性値の向上を図ります。

この3種類の異なる導体径の素線はジオメトリックに配置され、素線間の空隙を最小限に抑え、素線密度の向上を果たします。
更に撚り線外径のダウンサイジングと共に、安定かつ高精度な外径を保ち、撚り後の断面が真円という世界でも類を見ない導体構造です。


精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 世界初、高密度異径導体 3E 撚り構造を採用(特許取得済み)
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、”102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

製品特徴

  • 精密導体“102SSC”を採用した新生インターコネクトケーブル “TUNAMI TERZO V2”。
  • 基本構造は初代“TUNAMI TERZO ”を継承しつつ、導体の撚り合わせに特許技術“3E撚り”を世界初導入。
  • “3E撚り”は、3種類の線径が異なる素線を幾何学的に撚り合わせ、導体の緻密化を図る特許技術。
  • インターコネクトケーブルでは異例な極太の導体断面積(1.25SQ)で、信号の伝送ロスを軽減。
  • 絶縁材には、PVCに比して誘電率が1/4という極めて低い値を示す高分子ポリオレフィンを使用。
  • 電磁波吸収体/カーボン層/銅箔/横巻きシールドによる3レイヤーシールディングでノイズをシャットアウト。
  • 横巻きシールドにも精密導体102SSCを採用し、0.12mm線を隙間無く160本配置。
  • 外装はエレガントなパールホワイトカラーで、耐久性に優れたウレタンシース。
  • シース刻印に“TUNAMI TERZO V2 ”“102SSC”をマーキングし、V2モデルを明示。
  • TUNAMI TERZO XX V2のXLRプラグには、リン青銅削出しコンタクトに銀/ロジウムメッキが施されたワンタッチプッシュプル方式の“FOCUS 1”を装着 。
  • プラグとケーブルは音響専用の無鉛銀ハンダ“SS-47”にてハンダ付け。
ケーブル TUNAMI TERZO V2(102SSC)
XLRプラグ FOCUS1(リン青銅削出しコンタクト+銀/ロジウムメッキ)
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 2014/10/17
評価

顧客レビュー 5件

TUNAMI TERZO XX V2モニターレビュー
レビュー評価
ニシ によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/06)

この度は、モニター当選ありがとうございました。
アキュフェーズのヴォイシングイコライザー~プリアンプ間に使用しました。
CDプレイヤー~ヴォイシングイコライザー間は、アクロリンク 8N-A2080lll Evoです。
このケーブルは凄いです!!
1.透明感高く、倍音豊かで艶やかな音。
2.SN高く、消えゆく音を最後まで克明に映し出します。
3.音像は小さく、定位が良い。
アコースティック楽器の響きは感動ものです。
この音を考慮するとこの価格は「安い」と言えると思います。
絶対お勧め商品です。

ortfon REFERENCE 8NX/1.0mと比較
レビュー評価
ろぢうむ によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/04)

モニターに選んでいただきありがとうございます。CD-プリメイン間の上記ケーブル(古いですが)と交換しました。ortfonの上記ケーブルは、太さに惚れて購入しましたが、TUNAMIは、プラグの造りに感心しました。高価なので、気軽にはできませんが、自作にも使用してみたいなと思いました。肝心の音ですが、シンバルがortfonでは、チッ、チッ、チッ、チッとしたら、TUNAMIは、クチッ、クチッ、クチッ、クチッと太く鳴ります。他の楽器でも一本芯が通ったような音がします。音像はortfonよりも締り、音場の広さは大差ないかなと思います。TUNAMIの音が、今の自分の好みに合うので、こちらを使用していきたいと思います。より解像度を求めて、AR-910に浮気をするかもしれませんが。

TUNAMI TERZO XX V2 (XLRインターコネクトケーブル)のモニターレビュー
レビュー評価
神奈川県 S.S によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/02)

モニター当選いただきありがとうございました。
さっそく、CD-プリメインアンプ間に使ってみました。
一聴して、解像度がぐんと上がったのがわかります。いわゆる今まで聞こえてなかった音が聞こえます。
それもたくさんの音が。
一方、耳につきささるような音ではありません。ハイレゾになじむ滑らかさもあります。
プラグもしっかりしており、接続の安心感もありました。
このケーブル、メインのケーブルとして使わせていただくことに決定です。

モニター製品のレビュー
レビュー評価
神奈川 S.S によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/02)

モニター当選させていただきありがとうございました。
今までXLRケーブルは使用したことはなかったですが、このたび初めて使用してみました。
XLR接続自体の特性のところもあるかと思いますが、
1.解像度が非常に高い:言い古されてきた言葉ですが、聞こえなかった音が聞こえるようになりました。
2.音の滑らかさが増した:きつい音ではありません。
今回は長さが1.3mということで、ラックの上下に配置しているCDプレーヤとプリメインアンプ間での接続には、ちょっと長すぎましたが、今後左右に配置した場合はちょうど良い長さなので、万能的に使えるものと思っています。
コネクタ部分は、しっかりして不安はまったくなしでした。
満足できる製品です。

[102 SSC] TUNAMI TERZO XX V2 (XLR 1.3mPair)
レビュー評価
東京都 S.A によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/01)

モニター当選有り難うございます。PCOCCに替わる新たな導体として登場した102SSCには期待しておりました。異なる線径を組み合わせて断面積を稼ぎ、なおかつ柔らかさも両立したこの新たしい試みは素晴らしいですね。まさに力強さと繊細さの両立、これに尽きると思います。

関連商品