TUNAMI TERZO RR V2 (RCAインターコネクトケーブル)

もっと見る

TUNAMI TERZO RR V2 (RCAインターコネクトケーブル)

世界初3E撚り構造を採用したTUNAMI TERZO RR V2
標準品で0.7m、1.0m、1.3mとお選びいただけます。
1.3m以上の長さをご希望の方は、こちらのカスタム専用ページよりお選び下さい。

20%OFF

¥23,760

¥19,008

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

ラインケーブルとしては異例の1.25スケアもの極太導体によるハイパワー伝送と、厳重な3レイヤーシールディングによって、インターコネクトケーブルの表現力を飛躍させた初代“TUNAMI TERZO”。
そのアグレッシブなサウンドとパフォーマンスの高さは、広く世界のオーディオファイルの心を掴みました。
ところが2013年、PCOCC-A導体の供給終了に伴い、図らずも初代“TUNAMI TERZO”は生産完了の憂き目に遭います。

しかし2014年、その命脈は精密導体“102SSC”によって“TUNAMI TERZO V2”に受け継がれます。
吟味されつくした初代モデルのコンセプトを継承すべく、“TUNAMI TERZO V2”の構造は初代モデルをそのまま継承。
精密導体“102SSC”によって徹底的に磨き上げられ、新たなテイストを纏ったオヤイデの自信作をぜひご堪能下さい。

3E導体構造とは

3E 撚り構造は同心撚り配列構成の一括集合撚り線導体で、3種類の異なる素線径を配置する事により、撚り線配列を緻密化。
導体構成の細径化が可能となり、導体特性値の向上を図ります。

この3種類の異なる導体径の素線はジオメトリックに配置され、素線間の空隙を最小限に抑え、素線密度の向上を果たします。
更に撚り線外径のダウンサイジングと共に、安定かつ高精度な外径を保ち、撚り後の断面が真円という世界でも類を見ない導体構造です。

 

精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 世界初、高密度異径導体 3E 撚り構造を採用(特許取得済み)
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、”102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

製品特徴

  • 精密導体“102SSC”を採用した新生インターコネクトケーブル “TUNAMI TERZO V2”。
  • 基本構造は初代“TUNAMI TERZO ”を継承しつつ、導体の撚り合わせに特許技術“3E撚り”を世界初導入。
  • “3E撚り”は、3種類の線径が異なる素線を幾何学的に撚り合わせ、導体の緻密化を図る特許技術。
  • インターコネクトケーブルでは異例な極太の導体断面積(1.25SQ)で、信号の伝送ロスを軽減。
  • 絶縁材には、PVCに比して誘電率が1/4という極めて低い値を示す高分子ポリオレフィンを使用。
  • 電磁波吸収体/カーボン層/銅箔/横巻きシールドによる3レイヤーシールディングでノイズをシャットアウト。
  • 横巻きシールドにも精密導体102SSCを採用し、0.12mm線を隙間無く160本配置。
  • 外装はエレガントなパールホワイトカラーで、耐久性に優れたウレタンシース。
  • シース刻印に“TUNAMI TERZO V2 ”“102SSC”をマーキングし、V2モデルを明示。
  • TUNAMI TERZO RR V2のRCAプラグには、リン青銅削出しコンタクトにプラチナ/ロジウムメッキが施されたコレットチャック方式の“GENESIS”を装着。
  • プラグとケーブルは音響専用の無鉛銀ハンダ“SS-47”にてハンダ付け。
ケーブル TUNAMI TERZO V2(102SSC)
RCAプラグ GENESIS(リン青銅削出しコンタクト+プラチナ/ロジウムメッキ)
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 2014/10/17
評価

顧客レビュー 7件

新型TERZO V2★
レビュー評価
ひろ によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/04)

新型TUNAMI TERZO RR V2★ レビューさせて頂きます。

モニター環境
「プレイヤー」マランツSA-15 S1から⇒
「プリメイン」マランツPM-15 に使用。

試聴は、ヘッドホンを使用/SONY MDR-CD900ST使用。
試聴方法はまず初めに、プレイヤー及びアンプの音量を合わせたのち、CDを再生し
ヘッドホンにて音質を確認しながら瞬時にアンプ側ヘッドホン端子に差し替える方法で
行ってみました。「アンプ側ソースダイレクト設定済」

まずプレイヤー側ヘッドホン端子での再生での素の音質と、新型V2 RCAケーブルを通ったアンプ側
ヘッドホン端子での比較印象になります。
プレイヤー側のみでの試聴では、使用ヘッドホンの特徴である高解像度であるが少し
シャカシャカが気になる音質がそのままです。良くも悪くも音はそのままって
感じです。
それが、新型TERZO V2ケーブルを通ったアンプ側での試聴音質は、素晴らしく変化。
低域は量感が増え、重心が下がり、低音域がまろやかに空間に広がっていく感じがしました。
けっして押しつけがましくなく、暴力的ではなく、優しい感じです。
良い変化が、低域の量感が増えた事により、少しシャカシャカがある音だったのが
さほど気にならなくなり、バランスがとれた事。試聴(CD900STの場合)
かと言って、中高域が出なくなった訳ではなく、中高域は、綺麗にキープしたままです。
TUNAMIシリーズと言うと低域というイメージですが、中高域も解像度高く綺麗に出ていて
素晴らしいです。
そして音もエッジが立ち過ぎたりせず、程良い感じで聴き疲れは一切しません。
低域に安定感があるので、低域表現が得意で、ピアノやバイオリンでの低域は特にリアルに
感じました。

次はS/A LAB MWT PLUSケーブルとの比較ですが、こちらも高解像度型ケーブルですが
TERZO V2と比べるとやはり低域はさほど出ません。そして、S/A MWTの場合高解像度がゆえの、
マランツ組み合わせで割と出易いサ行が耳障りに気になる事があったのが、V2では
気にならなくなりました!
サ行でお困りの方にも、お勧めのケーブルです★

そして音場空間が気持ち良く繊細、ノイズ感もなし…凄いですね。。

電源ケーブルとの色んな組み合わせ方もあるかと思うので、
何処でどの様に、全体のバランスをとるか。。
またまた、楽しい組み合わせの悩みが増えそうです…★

この度はモニター有難うございました!

素敵な102 SSCの新型TUNAMI★
レビュー評価
h.o によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/03)

この度はモニターありがとうございます。エージング数時間でのご報告をさせて頂きます。

モニター環境
「プレイヤー」マランツSA-15 から⇒
「プリメイン」マランツPM-15 に接続。

試聴は、ヘッドホン使用/SONY MDR-CD900STを使用。
試聴方法はまず初めに、プレイヤー及びアンプの音量を合わせたのち、CDを再生し
ヘッドホンにて音質を確認しながら瞬時にアンプ側ヘッドホン端子に差し替える方法で
行ってみました。「アンプ側ソースダイレクト設定済」

まずプレイヤー側ヘッドホン再生での素の音質と、新型V2 RCAケーブルを通ったアンプ側ヘッドホンでの
比較印象になります。
プレイヤー側のみでの試聴では、使用ヘッドホンの特徴である高解像度であるが少し
シャカシャカが気になる音質。
良くも悪くも音はそのままって感じです。
それが、新型V2ケーブルを通ったアンプ側での音質は、素晴らしく変化。
低域は量感が増え、重心が下がり、音が空間に広がっていく感じがしました。
良い変化が、低域の量感が増えた事により、少しシャカシャカがある音だったのが
さほど気にならなくなり、バランスがとれた事。
かと言って、中高域が出なくなった訳ではなく、中高域は、綺麗にキープしたままです。
TUNAMIシリーズと言うと低域というイメージですが、中高域も解像度高く綺麗に出ていて
素晴らしいです。
そして音もエッジが立ち過ぎたりせず、程良い感じで聴き疲れは一切しません。
低域に安定感があるので、低域表現が得意で、ピアノやバイオリンでの低域は特にリアルに
感じました。

次はS/A LAB MWTプラスケーブルとの比較ですが、こちらも高解像度型ケーブルですが
V2と比べるとやはり低域はさほど出ません。そして、S/A MWTの場合高解像度がゆえの、
マランツで割と出易いサ行が気になる事があったのが、V2では気にならなくなりました!
サ行でお困りの方にも、お勧めのケーブルです★

そして繊細クリアー、ノイズ感もなし…凄いですね。。

電源ケーブルとの色んな組み合わせ方もあるかと思うので、
何処でどの様に、全体のバランスをとるか。。
またまた、楽しい組み合わせの悩みが増えそうです…★

この度はモニター有難うございました!
h.o

安定感
レビュー評価
k.k によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/31)

モニターに選んでいただきありがとうございます。
これまでこのようなちゃんとした(この表現がいいか分かりませんが)ケーブルは使用したことのない者の感想になります。
比較対象はは某スピーカーケーブル(2.0sq)を使用し自作したケーブルになります。
これまで使用したケーブルが2.0sqと本ケーブルの1.25sqよりも太いためどのような変化があるのか期待と不安がありましたが、一聴してはっきりとその変化を感じることが出来ました。
これまでの出ていた低音はパワフルでしたがややうるさく感じられ音量を絞っていましたが、これまでより音量を上げてもまったくうるさくならず、それでいて十分に出るようになりました。
その結果全体的にやや低音よりですがきれいにまとまった音に感じられました。
また本ケーブルのプラグのクオリティにも感心しました。スクリュー式チャックは非常に使いやすくしっかりと固定できるため安心して使用可能です。
まとまった文章ではありませんが総評として、大抵いの環境・音楽に対して使用できるまとまりのある製品だと感じました。

大人のケーブル
レビュー評価
ゆうさん によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/29)

モニターに当選していただき、ありがとうございます。エージング1週間での報告をさせていただきます。
「モニター環境」
プレイヤー:マランツNA-11S1
プリメイン:マランツPM-17SAver.2+SM-17SAver.2
スピーカー:B&W PM-1
今回、NA-11S1とPM-17SA ver.2との間に接続しました。

音質比較はオヤイデの幻のカーボンシールドケーブル+フォルテシモオーディオのロジウムメッキプラグを取付、自作したRCAケーブルとの比較になります。
 
低域は音量が増え、重心も下がり、一音一音が深く沈み、空間全体に広がっていくのを確認できました。
中域・広域はより繊細、クリアーになり、ノイズ感も下がりましたが、少し大人しくなった感じにも聞こえます。

主に室内弦楽やオーケストラを聞いており、特にチェロやコントラバスの分離感が明確になり、バイオリンが浮かんで聞こえるようになり、上下の広がり感の向上、低域が明瞭になったことより、左右分離感も向上したような感じも受けます。全域の締まり感が良くなったので、音量を増した分だけ、そのまま素直に空間も広がっていきます。

他にコンセント「R-1」、Yラグ「SPSL」、「先代TUNAMI GPX-R」も使用していますが、本製品のプラグ「GENESIS」にあるプラチナメッキが音質に影響があると感じました。
シンバルが響き上がるような高域の派手さはないが、弦楽器の艶や緻密感がかなり向上し、低域に安心感があり、臨場感の質が向上する大人のケーブル。今後のエージングで、まだまだ低域が出てきそうな勢いを感じます。

低域の伸びのすばらしさ
レビュー評価
ooku によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/26)

モニターに当選させていただきありがとうございます。まだ、セッティングから2日ですので、第一印象ですが、低域の伸びの良さが好印象です。以前使用していた、ortofon7NXの音声ラインケーブルより、中低域が明確で、音場が広く思えます。ただ、中高域の伸びがもう少し欲しく思い、星1つ減点させていただきました。今回の102 SSCも、PCOCC-A同様に、中低音重視の電源ケーブル向きの素材なのかもと、感じました。

立派な低域です!
レビュー評価
ookura によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/26)

新素材へのチャレンジ、PCOCC-A消滅の危機を、素晴らしい導体での成功、おめでとうございます。また、初めてモニターにお選びいただき、ありがとうございます。さて、音質の第一印象ですが、立派な低域です!。RCAのケーブルとしては、中低域が明確で、驚きました。以前使用していたortofon7NXより、音像がはっきり、そして音場は自然で良いと思います。そして、評価が何故星1つ減かといいますと、中高域の明確さが、少しもの足りなく感じます。比較対象は、現在使用中のortofonSilverRefarenceに対してです。というのも、普段聴いている、音声とクロックケーブルは、スピーカーケーブルを除いて、銀線となっています。もちろん、トーンアームの中とか、機器類の中は、いじっていないので銅線ですが。それでは、銅線の活躍の場は?というと、電源ケーブルです。Oyaide社製PCOCC-Aカーボン被覆2013年ゴールデンウィーク限定品、アコリバ社製、ゾノトーン社製の各5.5スケアを使用し、電源ケーブルで中低域を固め、中高域を音声等のケーブルで延ばしてというか、明確化しています。従いまして、今回の「精密導体 102 SSC」は、電源ケーブルでその真価を発揮するのでは?と個人的には思っております。ただし、この評価は、土曜日に接続し2日目でのものです。時間が過ぎ、エージングされれば、この評価が変わることは考えられます。
PS.Oyaide社製品は、USBケーブルのContinental5Sが広帯域でとても素晴らしい音質ですし、MJ-12ターンテーブルシートおよびSTB-HWレコードスタビライザが、レコード盤のソリに対し抜群の矯正と、明確な低域で、愛用中です。

ザ・リアル
レビュー評価
i love Rap によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/24)

この度は新製品開発の成功・発売、誠におめでとうございます。そしてモニター当選いただき有難うございます。
今日までオヤイデ製品は主に店頭で購入し色々なラインナップの製品を使ってきました。

さっそく、レビューを...
試聴の際はDAコンバーターからアンプへ、TUNAMI TERZO RR V2 並びに下記使用。
比較対象 Gotham gac-2111/1.5m
airbow MSU-Silver VT/0.95m
初めに  airbow 滑らかでいて耳をつんざくようなうるささを感じません。フォーカスの広さが逆にもの足りなさを感じさせます。ですが、広大で音の波が悪い意味での障害物にぶつかる感じを微塵もさせません。
次に Gotham airbowに比べ圧倒的なSN。音が前に飛んできます。気持ちがいい。しかし、10分
ほど聴いていると聴き疲れを感じます。簡易システムでのBGM的用途には最適ですが、それなりにしっかりした機器では団子状できこえるのでは。
最後 oyaide 落ち着きます。暗い。しかし、airbowと同じく広さを感じます。
jazz・Rapを聴きますが極上。音の細部のニュアンスを正確に伝え,スタジオでのやり取りが聞こえそうです。
言い過ぎましたね(笑)

総括とその後。airbow製品ですが音の見通しは抜群で些細な表現を余す所なく再現します。
SNは良くないが、welfareな機器であればとても力を発揮します。
Gothamは価格的に良心的で気軽さがあります。力強さを感じSNが高い。デスクトップの
お供に是非。オヤイデ製品ですが本格的な機器の使用に欠かせないのでは、と思います。遊びを
排した職人の技術を感じます。スタジオ、ライブ会場、または舞台音響ではオヤイデを使いたい
と思わせます。オヤイデ、airbowに共通して言えることですがコンシューマーの欲求に見事に応えてくれる間違いがない傑作品が出せるmakerだと感じました。

色づけの無さ
    oyaide>airbow>Gotham
刺激度 Gotham>>oyaide>airbow
解像度 airbow>oyaide>>Gotham
楽しさ airbow>>>oyaide=Gotham
本格度 oyaide>>>Gotham>airbow
音場の広さ
    airbow>oyaide>>Gotham

関連商品