TUNAMI NIGO V2(切り売りスピーカー/電源ケーブル)

もっと見る

TUNAMI NIGO V2(切り売りスピーカー/電源ケーブル)

素材から技術へ
かつてない精度と技術で創り上げられた精密導体 “102 SSC”スピーカー / 電源ケーブル “TUNAMI NIGO V2” の登場です。
オーディオアクセサリー銘機賞2015 グランプリ受賞モデル

20%OFF

¥6,480

¥5,184

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

5.5スケアもの極太導体によるハイパワー伝送と、厳重な3レイヤーシールディングによって、スピーカーケーブルに一石を投じた初代“TUNAMI NIGO”。そのアグレッシブなサウンドとパフォーマンスの高さは、広く世界のハイエンドオーディオファイルの心を掴みました。ところが2013年、PCOCC-A導体の供給終了に伴い、図らずも初代“TUNAMI NIGO”は生産完了の憂き目に遭います。しかし2014年、その命脈は精密導体“102SSC”によって“TUNAMI NIGO V2”に受け継がれます。吟味されつくした初代モデルのコンセプトを継承すべく、“TUNAMI NIGO V2”の構造は初代モデルをそのまま継承。 精密導体“102SSC”によって徹底的に磨き上げられ、新たなテイストを纏ったオヤイデの自信作をぜひご堪能下さい。

精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、”102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

TUNAMI NIGO V2特徴

  • 基本構造は初代“TUNAMI NIGO”を継承しつつ、精密導体“102SSC”を採用した新生スピーカーケーブル “TUNAMI NIGO V2”。
  • 余裕の導体断面積5.5SQによって、耐電圧600V最大30アンペアというハイパワー伝送と、アグレッシブなレスポンスを提供。
  • 通常の1.15倍のテンションで撚られたショートピッチストランドワイヤーによって、導体内のランダムな隙間を排除し、線間歪による音質劣化を抑制。
  • 絶縁材には、PVCに比して誘電率が1/4という極めて低い値を示す高分子ポリオレフィンを使用。
  • 電磁波吸収体/カーボン層/銅箔による3レイヤーシールディングでノイズをシャットアウト。
  • シース刻印に“TUNAMI NIGO V2 ”“102SSC”をマーキングし、V2モデルを明示。

製品仕様

構造 2芯キャブタイヤ
導体 102SSC(ホット/コールド)
線径 5.5SQ(69本/0.32mm)
絶縁体 高分子ポリオレフィン
シールド 1層 - 電磁波吸収体(アモルファス含有ポリオレフィン)
2層 - 半導体(カーボン含有コンパウンド)
3層 - 銅箔テープ(ドレインワイヤー有)
外装 ポリウレタン
外径 14.0mm
定格 600V/30A PSE認証品

オヤイデスタッフレビュー

ワイドレンジ、高解像度で音場も広大です。
また、量感も豊かで、重くなり過ぎないレスポンスの速い低域です。
ピラミットバランスで安定した聴きやすい音で、声にも深みが出て、かつ前に押し出してくる感じです。
中高域や切れ、伸びが優秀で、中大型スピーカーに最適です。
PCOCC-Aモデルより格段に進化しています。
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 No
評価

顧客レビュー 3件

圧倒的なコストパフォーマンス
レビュー評価
ナルト によるレビュー / (投稿日時: 2019/01/18)

電源ケーブルとして通常版C/P004と一緒に制作しました。自宅にアースがないので2芯のNIGOを選択。

今までに製品価格2万円~5万円程度の電源ケーブルを5種類程度使ってきましたがTUNAMIの価格と音質のバランスは頭一つ抜けているかと思います。
低音域が厚くて低音の量感があるケーブルだろうと思って購入したのですが、実際は中高音域にフォーカスのある元気で上品な音色でした。
特に「滑らかさ」と「迫力」が凄い!この2点は今まで購入したケーブルの中でも随一です。また、解像度も高く中音域、高音域の解像度は完成品価格3万円~5万円クラスの電源ケーブルに匹敵しているかと思います。
低音域は量感がある分解像度は価格帯相応という感じですが、スピード感があるのでもたついた感じはしません。ただ、低音域の解像度を追い求める方にはもっとソリッドでフォーカスが低音域にあった電源ケーブルの方がよいかと思います。

全体の印象としては元気で鮮やかな印象の音です。ワイドレンジで全帯域の押し出し感もよく、聴いていて心地よいです。

何より価格が1m5000円という圧倒的な安さ!
ボーカル帯域を重視する方にはオススメです。
中音域、高音域の解像度も価格帯以上のものです。
また、「迫力」「滑らかさ」を求めている方にもオススメです。

JBL K2 S9900 に使用してみました。
レビュー評価
bon によるレビュー / (投稿日時: 2018/06/18)

JBL K2 S9900 をKT120使用の真空管ハイパワーアンプでドライブしています。SPケーブルとして接続して使用(自作)しましたが、芯のある低音、深みのある中域、キレのある高音を得ることができ、大変満足しております。ハイエンドSPやアンプに使用しても満足いく結果で、大変コスパにすぐれている製品だと感じました。お勧めです。

広大な音場にうっとり
レビュー評価
くぅ によるレビュー / (投稿日時: 2017/11/15)

電源タップ製作のために購入。自宅の壁コンセントが無接地型なので、2芯電源ケーブルを探していたので、TUNAMI NIGO V2を選びました。
5.5sqと極太のため、コンセントおよびプラグに接続するのに少し手間取りましたが、いざ音を聞くと、これまでに感じたことのないほどに音場が広く心地よく響きます。音が濃く、かつ中高音の伸びがよくて、低音は厚みのある音ですっと消えるキレの良さがあります。
電源ケーブルとしての使用ですが、その効果は絶大でした。非常に高音質で満足しています。

関連商品