TUNAMI II SP-Y V2(Yラグ仕様スピーカーケーブル)

もっと見る

TUNAMI II SP-Y V2(Yラグ仕様スピーカーケーブル)

素材から技術へ
かつてない精度と技術で創り上げられた精密導体 “102 SSC”スピーカー / 電源ケーブル “TUNAMI NIGO V2” の登場です。
標準品で1.5m、2.0m、2.5m、3.0mとお選びいただけます。
3.0m以上の長さをご希望の方は、こちらのカスタム専用ページよりお選び下さい。

20%OFF

¥45,360

¥36,288

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

5.5スケアもの極太導体によるハイパワー伝送と、厳重な3レイヤーシールディングによって、スピーカーケーブルに一石を投じた初代“TUNAMI NIGO”。

そのアグレッシブなサウンドとパフォーマンスの高さは、広く世界のハイエンドオーディオファイルの心を掴みました。 ところが2013年、PCOCC-A導体の供給終了に伴い、図らずも初代“TUNAMI NIGO”は生産完了の憂き目に遭います。

しかし2014年、その命脈は精密導体“102SSC”によって“TUNAMI NIGO V2”に受け継がれます。 吟味されつくした初代モデルのコンセプトを継承すべく、“TUNAMI NIGO V2”の構造は初代モデルをそのまま継承。 精密導体“102SSC”によって徹底的に磨き上げられ、新たなテイストを纏ったオヤイデの自信作をぜひご堪能下さい。

精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 世界初、高密度異径導体 3E 撚り構造を採用(特許取得済み)
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、”102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

TUNAMI II SP-B V2の特徴

  • 基本構造は初代“TUNAMI NIGO”を継承しつつ、精密導体“102SSC”を採用した新生スピーカーケーブル “TUNAMI NIGO V2”。
  • 余裕の導体断面積5.5SQによって、耐電圧600V最大30アンペアというハイパワー伝送と、アグレッシブなレスポンスを提供。
  • 通常の1.15倍のテンションで撚られたショートピッチストランドワイヤーによって、導体内のランダムな隙間を排除し、線間歪による音質劣化を抑制。
  • 絶縁材には、PVCに比して誘電率が1/4という極めて低い値を示す高分子ポリオレフィンを使用。
  • 電磁波吸収体/カーボン層/銅箔による3レイヤーシールディングでノイズをシャットアウト。
  • シース刻印に“TUNAMI NIGO V2 ”“102SSC”をマーキングし、V2モデルを明示。
  • TUNAMI II SP-Y V2のYラグには、SPSL(銅合金削出し+銀/プラチナメッキ)を装着。

製品仕様

ケーブル TUNAMI NIGO V2(102SSC)
プラグ SPSL(銅合金削出し+銀/プラチナメッキ)
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 2014/10/17
評価

顧客レビュー 8件

新導体102SSC
レビュー評価
ムック によるレビュー / (投稿日時: 2017/08/06)

新導体102SSC良いと思います、旧導体の時は、癖が有りこの癖がいつの間にか当たり前に成って居ましたが、新導体は非常に癖が少なくニュートラル、癖が少ない為、最初は物足りない感じが有りましたがこの普通が凄い事と思います。ハイエンドケーブルも定価30万40万がざらに世の中に有り、こだわって作られたと考えてもしょせん中身は銅を使う考えても、値段設定がと思います。102SSCは、導体は供給者に作用されないオヤイデさんの新導体ケーブルで安心感があります。他社も、あらたに新導体に踏み切りましたが、また供給出来なく成ってしまったらと考えます、皆様が言う、太く取り回しに苦労されている用ですが、太さの割には柔らかく取り回しは良く、私は苦労はなかったです。

私はいいと思います
レビュー評価
ローテル使ってま^^ によるレビュー / (投稿日時: 2017/07/21)

ゾノ777低音 ツナミ中高音 JBL4429で使ってます
最高ですね、コスパも大事だと思いますので
オヤイデ頑張ってください

驚きました!
レビュー評価
Hk によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/09)

このたびのモニター当選ありがとうございました。
今まで、部屋の音響の方が音への影響が大きくスピーカーケーブルでは大した変化はないだろうと思っていました。一方で、今回のモニタープレゼントが私にとって今まで使ったことがない高価なスピーカーケーブルなので、期待半分で試聴した感想です。試聴環境は、8畳間の洋室で以下のシステムです。
・CDプレーヤー:LUXMAN D-06
・プリアンプ:ROTEL RC-1090
・パワーアンプ:LUXMAN M-06α
・SP:Vienna Acoustics HAYDN GRAND SE
・比較したスピーカーケーブル:ZONOTONE 6NSP-2200S MEISTER
・主に聴く音楽:クラシック全般(特に古楽)

まず、全くエージングせずにケーブルを交換し比較したところ、スピーカーから非常に豊かな中低音が鳴り出すとともに、音場が奥と横方向への広がりを感じられました。今までと違った響きに驚き、ただ中低音が強調しすぎる点が気になりました。
現在、概ね50時間くらい鳴らし、改めてケーブルを交換して聴いてみました。中低音の不自然さがなくなり、スピーカーから流れ出てくる響きが自然で音楽が心地よく感じられました。エージングが進んだのか、自分の耳がこのケーブルに慣れたのか要因は分かりませんが、こんなにも違いがあるものかと非常に驚くとともに大変満足しています。

いい製品だと思います。
レビュー評価
Y.K によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/04)

この度はモニター当選ありがとうございました。
実通電時間24時間ほどになりましたので、
使い勝手及び試聴した印象をお伝えしたいと思います。

当方のスピーカーはB&WのCM-1、アンプはELEKITのTU-872LEです。

まず製品を手に取ってみて思ったのは「太い!重い!固い!」
私は今までこんなに太いスピーカーケーブルを使用したことがありません。
接続の際にはこの太さ、重さ、固さによってちょっと苦労しました。
特に小型ブックシェルフのCM-1だからなおさらだったのでしょう。
大型フロアタイプならもうちょっと楽に接続可能かも。
いずれにしてもケーブルの長さは余裕を持ってセッティングしたいです。

Yラグ部分については端子にすっと収まり精度の高さを感じさせます。
ケーブルスリーブはよく言えば質実剛健、悪く言えば素っ気ないデザインですが
ウェイトとして働き、幾分かの音質向上効果もあるのでしょう。

出てくる音はこの太さのイメージから強烈な音を想像しますが
パワフルな中にも繊細さを感じさせ、
アンサンブルの各楽器の位置を明確に描くなど全体として良く整理された印象。

旧導体との比較は出来ないので何とも言えませんが
「精密導体」と謳う理由がここにあるのかなと思いました。

今回は小型システムで鳴らしましたが結構良好な結果です。
でもケーブルの取り回しにも苦労する分
やはり本領を発揮するのは大型システムなのかな?と思いました。





TUNAMI II SP-Y V2
レビュー評価
つぶあん によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/01)

モニター当選ありがとうございます。

エージングも少しは効いてきたのでレヴューしたいと思います。

比較対象がスープラソードなのでちょっと分が悪い気もしましたが、なんのなんの大健闘です。
低域の沈み込みや厚みもありニュートラルな中高域と相まってとても音楽が楽しく聴けるケーブルだと思いました。
また作りも素晴らしくて価格以上の満足感のある製品ですね。
現在、バイワイヤでスープラとデノンの極太ケーブルを使用していますがデノンケーブルを引退させてスープラと低域用、高域用を入れ替えながら試聴してポジションを決めていくつもりです。
本当に素晴らしい商品をありがとうございました。

良いです
レビュー評価
おでこクラブ によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/01)

この度はモニタープレゼントに選んでいただき、ありがとうございます。
エージングも完全とは行きませんが大分落ち着いてきた様なので投稿します。
試聴環境はケーブル取り回し関係で寝室用となります。

  システムは

  プレイヤー:     吉田苑hina HT01 & PC
  コンバーター:    Nmodo X-PW1
プリメインアンプ:  Nmodo吉田苑(改)X-DU1-SE
スピーカー: DYNAUDIO エソター2ユニット自作BOX
RCAケーブル: オヤイデDR-510(デジタル)AZ-910(音声)
電源: R 1 BerylliumからTUNAMI GPX-R
  スピーカーケーブル: TUNAMI NIGO

まずはエージングもしてない初めての段階ですが今迄使っていた
tunami nigoからV2への入れ替えと言う事で物凄く期待しすぎたせいか
元気には鳴るのですが今迄みたいな厚み感や押しの強さが少しあれっーて感じの
ファーストインスピレーションでした、それからエージングが進むにつれ
良くなってきてNIGOよりNIGO V2の方が下から上迄全体的に出ていて
聴きやすく成ったのではないでしょうか。寝室で本を読みながら
BGM的に流していても自然に聴こえ、この実力でのコスパは流石オヤイデさんです
あと、取り回しですが相変わらず太くて扱い辛いですもう一回り番数下が有っても良いかもです。

良いんじゃない
レビュー評価
おでこクラブ によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/01)

この度はモニタープレゼントに選んでいただき、ありがとうございます。
エージングも完全とは行きませんが大分落ち着いてきた様なので投稿します。
試聴環境はケーブル取り回し関係で寝室用となります。

  システムは

  プレイヤー:     吉田苑hina HT01 & PC
  コンバーター:    Nmodo X-PW1
プリメインアンプ:  Nmodo吉田苑(改)X-DU1-SE
スピーカー: DYNAUDIO エソター2ユニット自作BOX
RCAケーブル: オヤイデDR-510(デジタル)AZ-910(音声)
電源: R 1 BerylliumからTUNAMI GPX-R
  スピーカーケーブル: TUNAMI NIGO

まずはエージングもしてない初めての段階ですが今迄使っていた
tunami nigoからV2への入れ替えと言う事で物凄く期待しすぎたせいか
元気には鳴るのですが今迄みたいな厚み感や押しの強さが少しあれっーて感じの
ファーストインスピレーションでした、それからエージングが進むにつれ
良くなってきてNIGOよりNIGO V2の方が下から上迄全体的に出ていて
聴きやすく成ったのではないでしょうか。寝室で本を読みながら
BGM的に流していても自然に聴こえ、この実力でのコスパは流石オヤイデさんです
あと、取り回しですが相変わらず太くて扱い辛いですもう一回り番数下が有っても良いかもです。

TUNAMI II SP-Y V2 
レビュー評価
じいさま によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/01)

新発売の TUNAMI II SP-Y V2 を使ってみての感想ですが、素晴らしく解像度が高く、音数が多い。

音の数が多くなったおかげで、各楽器の定位感がはっきりと聞き取れます。

解像度が高くなると、高音部がきつく感じますが、このケーブルはそんな事は無いようです。

更に、低音の響き感が何とも心地よく、音楽を聴いていて楽しいと言うよりも気持ち良いです。

こんなに気持ちの良いケーブルは初めてかも。

見た目も豪華で満足度も高いのですが、ケーブルが太く硬いので、セッティングに苦労させられました。

それ以外に欠点のないスピーカーケーブルだと思います。



関連商品