HPC-26T V2 ヘッドフォン用 102SSC 平行ケーブル

もっと見る

HPC-26T V2 ヘッドフォン用 102SSC 平行ケーブル

ヘッドフォン用HPC-26Tが精密導体102SSCに生まれ変わり再登場!

20%OFF

¥648

¥518

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

ヘッドフォン用102SSC平行シールドケーブル登場!

中心導体には、精密導体102SSCを用い、サイズはAWG26(7/0.16)1芯シールド×2と2965平行シールド線 よりも細く、イヤホンやヘッドフォンでの使用では、より扱いやすいサイズの平行シールドケーブルです。
絶縁体には電気特性に良く、低損失素材のPFA(フッ素樹脂)を使用。外部シースにはゴムと同様の強度を持ちながらも電気特性に優れ、柔軟性に富んだTPE(オレフィン系エラストマー)をを採用。ケーブルの絡みやもつれを防ぎます。

HPC-26Tのポイント

導体に不純物が非常に少なく伝送ロスの少ないピュアな伝送を可能にしたHPC-26Tは、情報量を損なうことなく全体的に締まりの有る、クリアでバランスの良い音を提供します。

使用例

3.5ステレオミニプラグからRCA(L・R)で、iPod(出力)からミニコンポ(入力)。
PCのオーディオボード(出力)からミニコンポ(入力)やプリメインアンプへ。

HPC-26Tの仕様

導体 102SSC 2芯×AWG26(7/0.16)
絶縁体 PFA(フッ素樹脂)0.14mm厚
シールド 黒・赤:102SSC 横巻きシールド(21/0.12) 透明:銀メッキOFC編組シールド(21/0.12)
外装 TPE(オレフィン系エラストマー)
ケーブル外径 2.0mm×4.0mm
試験電圧(AC1分) V 500
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
評価

顧客レビュー 8件

AKG K26P にぴったんこ
レビュー評価
おさる によるレビュー / (投稿日時: 2016/11/17)

K26Pのケーブルが表面ドロドロで、プラグが接触不良してきたので交換しました。ケーブルサイズは若干太い感じですが、ほぼぴったんこです。この手のシールドケーブルはシールドの銅線がスカスカの物が多いですが、このケーブルは蜜にしっかり巻かれています。音質も低音のダラダラ感がなくなって締まった感じで良好です。

KSC75のリケーブル用に
レビュー評価
TOKKAさん によるレビュー / (投稿日時: 2016/11/13)

KSC75リケーブル用にP-3.5GLとともに購入しました。KSC75自体、耳かけ型としては最低価格帯のものですが、評判の通り、音楽の雰囲気表現で価格をはるかに超える高品質の製品で、愛用していますが、永く聴いていると低域のぼやつき、高域のアバレ、個々の音の分離に難があることに気づきます。
HPC-26T V2は素材の102SSCに関心がありました。取り回しもよくリケーブル作業は簡単に出来ました。この線材の優秀なことは、完成後、一聴して音質激変したことで判明します。これは誰にでも分かる変化でしょう。
まず低域のぼやつきがなく、力強い音の塊りになって出てきます。中域帯も音の粒立ちが良くなり、バイオリンの胴鳴りまで分かります。なにより音の分離感、透明感、ダイナミックレンジの拡大・改善が見られ、強音でも破綻しなくなりました。また、ほんとうに堂々とした音を奏でるようになりました。ただ、最高音域だけはちょっと苦しく、これはもうドライバーの優秀さを超える要求なのだと思っています。
オヤイデさんのPCOCC製品で統一しているメインのオーディオ装置の音を知る者にとっては、これはほんとにPCOCCを超える能力を持つかも知れないなと思いましたし、オヤイデさんのこの素材に対する気持ちも少し分かった気がしています。

KSC75のリケーブル用に
レビュー評価
TOKKA によるレビュー / (投稿日時: 2016/11/13)

KossのKSC75リケーブル用として購入しました。KSC75自体の音も最低価格帯の耳かけ型としては上出来で、音楽の雰囲気を奏でることについては一級の品質でした。しかし永く聴いていると、個々の楽器の粒立ちや低域もやもや感や高域のアバレが気になってきました。
HPC-26T V2はやや堅めですが、102SSCの品質に期待がありました。ハンダも載りやすく、製作もしやすかったです。
音質はリケーブル製作完成後、一聴して低域音の分離、バイオリン高音域の透明感、ダイナミックレンジなど、歴然と高音質に大変身していました。独奏楽器や独唱者、ステージ上のオーケストラ、聴衆が綺麗に分離し、音場が上下左右に大きく拡大しました。なにより定位感が高まり満足です。なお、優秀なKSC75のドライバーでも、最高音域のチリつきだけは完全には拭えませんでした。これはもはやドライバー性能を超えた要求なのだと思いますし、このHPC-26T V2のおかげでKSC75は「ハイパーKSC75」に格段に進化したことだけは間違いありません。

AKG K414Pのリケーブルに使用
レビュー評価
あーかーげー によるレビュー / (投稿日時: 2016/02/13)

K414Pに付いていたケーブルが接触不良になってきたのでHPC-26Tで初めてのリケーブル。
・確実に高音の輪郭がしっかりと出てきた
・抵抗を元のと比べたら1/10位になった。
・やや固めですがそれはそれでOKです。
結構気に入りました!このケーブルなら安心してオススメ出来ます。

う~む…
レビュー評価
やらかし によるレビュー / (投稿日時: 2015/10/08)

初めてヘッドフォンのリケーブルというのをやってみた
HD280Proを脱着式にしてのリケーブル化、内部配線は元のままで行った結果です
端子にP-3.5PPプラチナ+パラジウムメッキを使用
PCオーディオを主に使用しているのですが、今までアンプのICチップの電子音は聞こえなかったのですが、それが聞こえてしまうレベルに音が明瞭化…^^;(音が出てない時に聞こえるレベルですが)
音全体が底上げされたのですが、逆に底上げされ過ぎて音酔いしてしまった…><
取り回しのしやすいほど良い細さで0.7mmのストリッパーで綺麗に剥けてはんだ付けも程よいやりやすさです
ただ細く柔らかい為、気を付けないとすぐに折れて跡が残ってしまう点は注意が必要
後、梱包時にできれば八の字巻にしておいてほしかった…

102SSCでの感想
レビュー評価
keikun によるレビュー / (投稿日時: 2015/05/15)

オーバーヘッド型ヘッドフォンのリケーブルとして使用。
同時にハウジング内部の線も同じ102SSCの3398-22に変更。
直付けのヘッドフォンをMMCX化してのリケーブルです。

使用感として、
・オーバーヘッドに使用する場合は、線の太さや柔軟性は満足。
 カナルなどに使用した場合は、若干固く感じるかもしれない。
・作りが丁寧
 特にシールドの編込みには緻密さを感じる。

音の印象
・粗さはあるが忠実
 これは良い意味も悪い意味を含めて、素直に表現できていると認識している。
 線以外のパーツ(プラグやハンダなど)の粗が目立つのかもしれないし、
 ぼやかされて聴いていた音が、本来の音を引き出しているような感じ。
・空間表現に若干欠ける
 中央に音が集まる傾向が見受けられる。これはMOGAMI2520でも似た傾向があったが、
 優劣としては、こちらの方が優秀。

違いの分かりやすいケーブル
レビュー評価
ヤスヨ によるレビュー / (投稿日時: 2014/08/10)

以前透明Verを10mほど購入..最近AKGのエントリーヘッドフォンK402に使ってみたところ、一番言えるのは高域が明らかに伸びたことです。TOTOやEarthwind&Fireなどを聴きますがシンバルは暴れずかと言って少し艶がありスネアなどの太鼓系はバットにボールがしっかりと当たっているかのような解像感ある響き方でボーカルは少し近くなりました。しかし1m500円そこらでこれだけ変わるのですから非常におもしろいです。ちなみにプラグには同社のP3.5Gを、ハンダもSS-47を、アンプは自作でOPAにMuses02を使用した評価です。特にヘッドフォンのリケーブルを考えている方で、変化を感じてみたいでもケーブルに数千円とかけたくない方にはおすすめのケーブルです。

リケーブル用に購入・・・しかし
レビュー評価
TJ によるレビュー / (投稿日時: 2014/05/10)

ヘッドホンのりケーブル用に透明Verを購入しました。見た目も綺麗で加工もしやすく申し分ない製品でした。しかし、黒と透明が終了ということで追加購入ができず残念です。夏以降の新製品に期待しています!

関連商品