DV-510F カスタム

もっと見る

DV-510F カスタム

“孤高のアンテナ用ケーブルDV-510F”
地上デジタル放送の普及により映像の画質は飛躍的に向上しました。しかし、ハイエンドユーザーにとってそれだけで満足できるでしょうか?

※こちらの商品ページは、5.0mをベースに、お好みの長さにアレンジするカスタムオーダー専用ページとなります。
標準品はこちらからお求め下さい。

カスタムオーダー通常納期:3~4週間程度

20%OFF

¥41,580

¥33,264

(税込)

在庫状況: 受注生産

詳細

詳細


孤高のアンテナ用ケーブルDV-510。DV-510でしか味わえない明確な価値を与えてくれます。
それは限られた人々にしか約束されない至福の時間を与えてくれることを意味します。

導体

FTVS-510”は中心導体に金属中で最も導電率(銀 61e6 銅 58e6 σ[S/m])の高い純銀導体を採用しています。 “FTVS-510”はインゴットの状態ですでに5Nのバージンマテリアルを、セラミック製のルツボで溶解させます。

このルツボはワンショットごとに交換され、常に新しい状態の物が使用されます。これらすべて工程は高周波電気炉の中で作業され、作業中は不活性ガスを炉内に封入し、酸素との遮断を図ることによって不純物の混入を防ぎます。 さらに溶解後、直径15mmの丸棒に成型された純銀は、19工程にも及ぶ冷間圧延工程を経て線状に形成されます。その後、急激なダウンサイジング化を嫌い、数回に及びダイヤモンドダイスによる低速引き抜き加工を行います。導体の表面を削り平滑化させるスキンパス加工を行い、導体の表面を鏡面化します。

引き抜き工程により発生した結晶内のストレスを緩和させる為、2度にわたりアニール処理が施され、一定温度に保たれた低温電気炉の中で、ゆっくりと時間をかけケーブル内に発生した応力歪みを緩和します。

この間、電気炉内は不活性ガスを充填させ酸素との結合を防ぎ、まったく不純物を含まない高純度純銀線が完成します。さらに、完成した銀線はすぐさま窒素ガスを封入しパッケージングされ、絶縁体を付ける工程まで大切に保管させます。

絶縁体

FTVS-510”は、絶縁体による信号の損失を軽減するために、最も絶縁特性に優れたフッ素樹脂を使用。フッ素樹脂は、現存する樹脂絶縁体の中でも最も誘電率の低い物質です。

発泡させることにより空気を含ませたフォームPE(ポリエチレン)を充填層にマウント。充填層による誘電率の上昇を防ぐとともに、ケーブルとしての柔軟性を高めます。さらに、この異種マテリアルによるレイアウトは電気的特性の向上のみならず、内部発生する振動を共振点を変えることにより素早く減衰させます。

3レイヤー・ハイブリッド・シールディング

FTVS-510”から奏でられる静寂感は、複雑化するシステム環境から発生するあらゆる周波数帯域のノイズに適応させるため、シールドデザインがなされました。
  • 1層目の半導体層は、静電気ノイズの抑制を促すと共に、電磁波に対して高いシールド性能を発揮。
  • 2層目のカッパーフォイルシールドは、100%の遮蔽率を誇り高周波ノイズに対して有効性を発揮します。
  • 3層目のシルバープレーティングメッシュシールドは、90%の遮蔽率に設定されています。

メッシュシールドは低周波帯域のノイズに有効性を発揮しますが、さらに素線をシルバープレーティングすることにより、高周波帯域にも高いシールド性能を発揮します。これは信号のスキンエフェクト効果を利用した結果です。

半導体層

フッ素樹脂は、すぐれた電気特性を持つ絶縁体ですが、同時に最も静電気を帯電しやすい樹脂です。 ケーブル内に信号が流れると微弱振動が発生し、静電気を帯電している物質はその振動によりコロナ放電をします。“FTVS-510”はこの問題を解決するために、充填層の外周にカーボンPE半導体層をマウント。 これにより、フッ素樹脂に帯電された電荷は、半導体層を通して解放されます。

外装

外郭にマウントされた透明ポリウレタンシースは機械的な強度を持ち、温度変化による軟硬化することなく、常に一定の硬度を保つ素材です。 さらにポリウレタン材は、衝撃吸収性に優れ弾性率も高いため、外部振動とのアイソレーションに大きく貢献します。 デザインは機能の延長線上にあり、そのたいぐい希なる美しさは必然性的に生まれました。

Fコネクター"FPS-9" 材質・加工

FPS-9"のコンタクトピンは、5N純銀丸棒を高度にプログラムされたCNCマシニングによって、高い精度で作り上げられました。 そしてこれらのピンは、抜群の低誘電率を誇るフッ素(PTFE)樹脂にインサート成型され、かつてないほどの強固で耐震性の高いコンタクト部を形成します。 また、ロックナット、リングなどの部材はマテリアルに真鍮を採用。

これらの部材もすべて、CNCマシニングによって切削加工がなされ、抜群の勘合性と安定した伝送を約束します。 さらに耐久性と伝送率を考慮した結果、すべての部材は贅沢にもロジウムメッキを施しています。アウターシェル、ハウジングも真鍮丸棒材からCNCマシニングにより切削加工されています。

CNCマシニングにより切削加工されたシェルとボディは、従来あるロストワックス性と比べ密度が高く、高いシールド性能を発揮します。
表面処理には、パールホワイトコーティングがなされています。さらに、イージーインストレーションを実現するために、アースの接続部分はクランプ式を採用。 最小限のハンダ作業で簡単に組み立てを行うことが可能です。

DV-510Fの仕様

ケーブル FTVS-510(中心導体/1.05mm 5N(99.9995%)純銀 スキンパス加工)
プラグ FPS-9(コネクタピン/5N純銀削り出し , 外郭/真鍮 パールホワイトコーティング)
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 No
評価
関連商品

以下の商品にご興味はありませんか?