電磁波吸収材 MWA-010T(テープ)

もっと見る

電磁波吸収材 MWA-010T(テープ)

AV機器をノイズからシャットアウト!クリアーで活き活きとした音楽と映像を実現

20%OFF

¥5,500

¥4,400

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

AV機器をノイズからシャットアウト

“クリアーで活き活きとした音楽と映像”を実現!ノイズキャンセリング電磁波吸収材「MWAシリーズ」は、磁性材料が有している磁性損失能により、音質・画質に悪影響を及ぼすGHz帯域のノイズ成分を効果的に吸収し、ジュール熱に変換して消滅させ、不要な電磁界共振を抑制する、電磁波吸収シート/テープのニュースタンダードです。
お使いの機器やケーブルに貼り付けることで、AV機器をノイズからシャットアウトし、ノイズ感や歪み感を排除。“クリアーで活き活きとした音楽と映像”を実現します。

センダスト合金系扁平金属粉

音質や映像に副作用を及ぼさず、かつ強力なノイズ吸収能力を有するマテリアル「センダスト合金」を使用。センダスト合金(SENDUST)は古くて新しいマテリアルで、1930年代に仙台で開発された、磁性損失能が高い、Al,Fe,SiO2からなる純国産の合金です。高価かつ加工が困難なセンダスト合金を電磁波吸収性能の高い扁平形状の粉末に加工することに成功。さらに、粉末表面に酸化被膜を形成させ、絶縁性を確保。

簡単な使用で優れたノイズ吸収効果を発揮

使い方はいたって簡単。オーディオ機器の電源部や入出力端子など、ノイズの発生しやすい個所の周辺、ケーブルやプラグに貼りつけることで、 高いノイズ・キャンセル効果を発揮。S/N感が良好になり、解像度が向上します。また、映像では輪郭の滲みが減少し、色彩の鮮明さが増すなどの効果が得られます。音質においてはSN、解像度、レスポンスの向上、映像においては階調表現、発色の向上などに寄与します。

ポリエチレン系特殊ゴム

センダスト合金を均一かつ密接に充填するベース材として、ポリエチレン系特殊ゴムを使用し、最善の混合比率でに混合。さらに、この扁平形状粉末を特殊製法によりポリエチレン系特殊ゴム層に、均一かつ平行に配向させることで、最大限の電磁波吸収性能を獲得。

シート・テープ形状、厚みとサイズの多彩なバリエーション

さまざまなニーズや使用箇所を想定して、0.3mmシートA4、A5、A6サイズ)の他に、厚さ0.1mmのテープ、厚さ1.0mmのシートなど、多彩なサイズ・厚みのバリエーションをご用意しました。シートの場合、カットせずにそのままAV天板に載せる、或いは機器の下に敷くだけでも効果があります。テープの場合、ケーブルやプラグへの巻きつけに便利です。

AV機器、電源経路、パソコン、家電製品など幅広い応用

AV機器のトランス周り、シャーシ、入出力端子の周辺など、ノイズの発生しやすい部分に貼り付けると効果的です。また、電源ケーブルや音声/映像信号ケーブルのプラグ部分(ノイズを放射しやすく、かつノイズに暴露されやすい)への巻きつけ、壁コンセントの側面やコンセントプレートへの貼り付けもお勧めです。

パソコンのシャーシや電源周り、モデムやハードディスクなどのノイズを放出しやすい周辺機器、さらに電子楽器や録音機器などでもお使いいただけます。また、一般の家電製品のノイズ対策など多用途に使用できます。

ハサミでカットして貼り付ける、フレキシブルな作業性のよさ

ハサミ等で簡単にカットでき、フレキシブル性に優れ、ケーブル等、曲面にも貼付け可能。加工性、作業性に優れています。ポリエチレン系特殊ゴムは、充分な引っぱり強度と伸張性、フレキシブルな作業性のよさを兼ね備ていますので、貼り付けが非常に良好です。

また、粘着面は適度な密着性を実現し、長期にわたる貼り付け性能を維持します。また、シート・テープの表面はシックな銀色で、使用時に目立つことはありません。軽くテンションを掛けながら貼り付けるのが、きれいに仕上げるコツです。

RoHS指令をクリアし環境負荷を低減

環境負荷物質(鉛、水銀、6価クロム、カドミウムなど)の含有を測定限界以下とし、RoHS指令をクリアしています。

UL94V-0難燃性を獲得した安全設計

UL94V-0難燃性(UL File No.188467)を有し、安全面にも配慮しています。

MWAシリーズ製品仕様

電磁波吸収材 センダスト合金系扁平金属粉(Al・Fe・SiO2)、金属粉表面に酸化被膜を形成。
基材 ポリエチレン系特殊ゴム
粘着面 片面に粘着面あり(剥離紙を剥がして使用)
使用温度範囲 -20?90℃
体積抵抗率 5×106 Ω・cm
引っ張り強度 6.0MPa
難燃性 UL94V-0(UL File No.188467)

製品名称

MWA-010 T テープ巻(0.1mm×20mm×5m)
MWA-030 L A4(0.3mm×210mm×297mm)
MWA-030 M A5(0.3mm×148mm×210mm)
MWA-030 S A6(0.3mm×105mm×148mm)
MWA-100 S (1.0mm×105mm×165mm)

もっと詳しく知りたい!

ブログタイトル

2018/11/27【オヤイデ『MWA・電磁波吸収シート』が効き過ぎた!~使い方を画像でバッチリ解説!~】

追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 No
評価

顧客レビュー 3件

電磁波吸収RCAキャップで効果を確認したので購入
レビュー評価
ナルト によるレビュー / (投稿日時: 2018/06/10)

使用している電源ケーブル、USBケーブル、インターコネクトケーブルの全てに約3巻程度巻き付けて使用。うっすらとクリアネスの向上と解像度の微増を感じることができた。
この商品の値段は高いと思うが、ケーブルのみに使用するなら1本当たりのコストパフォーマンスは悪くはないと感じる。

余談だがケーブルに直接巻き付けずにマスキングテープを1巻きした上から使用している。こうすると後で外したくなった時にケーブルに糊が残らないのでオススメ。

レビュー評価
M.J によるレビュー / (投稿日時: 2011/04/28)

MWA-010TをPA-01RRに装着後 電源ケーブルにも使用したところ 全体的に SN比 解像度共に向上したように思われます。電源ケーブルは BLACK MAMBAで 保護チューブにて仕上げました。加工がしやすく 作業が大変楽でした。

レビュー評価
shigechan によるレビュー / (投稿日時: 2010/05/03)

購入後、いったいどこへ使ったら一番効果があるのか色々と考えたあげくSACDプレーヤーに
適用し、なかなかの効果が得られました。
1.電源トランス:Rコアのコイルを本品で巻いた。と言ってもマウントされている
 トランスを外す根性はなかったので、外側に露出している部分を巻いただけ。
 これを、アナログ回路用、デジタル回路用の2つのトランスについて実施。
2.コンバーターLSI若しくはICのパッケージ上に、本テープを貼り付けた。
 DSDデコーダー?、D/Aコンバーターチップと思しきChipをカバーした。計5つ。

これで音の暴れが無くなったというか、特にサ行の歯擦音が目立たなくなり非常に聴きやすい
音へ明らかに変化しました。と言って高域が死んでしまった訳ではなく、活き活きとした
音で良い塩梅です。

関連商品