ポリマール銀磨きクロス

もっと見る

ポリマール銀磨きクロス

端子を拭くだけで、酸化被膜を確実に除去!接点クリーナーの救世主現る!! 魔法のような金属磨き布「ポリマール」

¥550

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

ブログタイトルお手軽、簡単!汚れ落としならこれ!『ポリマール磨きクロス』

端子を拭くだけで、酸化被膜を確実に除去!接点クリーナーの救世主現る!!
魔法のような金属磨き布「ポリマール」

オーディオシステムの端子類は、意外と汚れているものです。端子がくすんでいたり、茶色や黒すみに変色していれば、音質劣化のもとになる酸化被膜が生じている証拠。そんなとき、ポリーマールで端子を拭けば、酸化被膜を簡単に除去できます。いままで落ちなかった頑固な汚れが、ポリマールを使えばいとも簡単に落せます。これにより、情報量の増大、ノイズ感の減少が図れ、ベールを数枚剥いだような絶大な音質改善効果が望めます。また、ポリマールに含まれるワックス成分は、端子表面の酸化被膜の再形成を抑制します。
一度使ったら手放せないアイテムです。

※ 端子の金属またはメッキの種類によって、ポリマールの種類(金磨き・銀磨き・銅磨き)を使い分けることをお勧めします。

使用箇所

RCAジャック、RCAプラグ、電源プラグ、スピーカーターミナル、コンセント、丸端子、棒端子などの電極の研磨。電源タップなどの金属シャーシのつや出し。銀単線、銅単線などの導体の研磨。銅・真鍮などの金属製インシュレーターやスタビライザー、ターンテーブルシートの艶出し。

種類

銀磨き用(水色の布) 銀/銀メッキ/ロジウムメッキ/錫メッキ/ニッケルメッキをはじめ、比較的オールマイティに使える。布の目の細かさは普通。
金磨き用(黄色の布) 金メッキ・パラジウムメッキなどに向く。布の目の細かさは細目。
銅磨き用(黄緑色の布) 銅/銅メッキ/真鍮などに。布の目の細かさは粗目。

金磨き用ポリマールでの研磨に向く商品例

P-079/C-079,P-046/C-046,P-004/C-004,F1/M1,SWO-GX-U,SWO-XXX‐U,R-1,4781PBG,SPYT,GYTなどの金メッキまたはパラジウムメッキ品に最適です。

ポリマール磨きクロスの仕様

成分 研磨剤とワックスを含有した金属磨き布。
(135mm×230mmの2枚入り)
使用法 空拭き。(汚れが取れると、端子がピカピカになり、かつポリマールが黒くなるので、汚れの落ち具合が一目でわかります。ポリマール全面が黒くなったら使い捨て。洗濯すると、研磨剤とワックスが抜けて使い物にならなくなるので、再生はできません。)
注意点
  1. メッキもの(特に金メッキ)では、強く拭きすぎるとメッキが薄くなる可能性があります。金メッキにはポリマール金磨きを用い、かつ眼で汚れの落ち具合を確認しながら、ほどほどの力で軽めに拭きましょう。
  2. 梨地など意図的に艶消しにしている金属表面を拭くと、梨地が消えて、ツヤありにある可能性があります。
  3. ハンダ付けする個所をポリマールで磨くと、ワックス成分により、ハンダが付きにくくなることがあるので、当該個所へのポリマール使用はお避け下さい。どうしてもハンダする箇所をポリマールで磨かれたい場合、磨いた後に電子機器クリーナーなどでワックス成分を取り除いて下さい。
  4. メッキもの(特に金メッキ)の場合、接点復活剤・接点洗浄剤と同時使用すると、研磨力が強くなりすぎ、メッキが削れやすくなります。ポリマールと接点復活剤・接点洗浄剤とを併用したい場合、先にポリマールで研磨してから、接点復活剤・接点洗浄剤を塗布してください。
  5. 金属表面に印字(シルクプリントなど)されている個所を研磨すると、印字が消える可能性がありますので、印字個所には使用しないでください。
追加情報

追加情報

メーカー 光陽社
入荷予定日 No
発売日 No
評価
関連商品