K-442 テーパリーマー(3φ〜16φ用)

もっと見る

K-442 テーパリーマー(3φ〜16φ用)

HOZAN テーパーリーマー「K-442」です。円錐状のボディーに複数の刃が付いている工具で、平板にあけられた穴の径を拡大するときに用います。

弱電関係ではシャーシ加工などでポピュラーな道具ですが、プラスチックモデルの工作でも役に立ちます。パイプの内側のバリ取りや穴を大きくするのに便利です。

20%OFF

¥1,199

¥968

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

テーパーリーマー

金属穴の修正・拡大、バリ取りへ、テーパーリーマー「HOZAN K-442」です。円錐状のボディーに複数の刃が付いている工具で、平板にあけられた穴の径を拡大するときに用います。
弱電関係ではシャーシ加工などでポピュラーな道具ですが、プラスチックモデルの工作でも役に立ちます。パイプの内側のバリ取りや穴を大きくするのに便利です。
鋭い刃なので、作業中や、削りカスの除去には注意が必要です。

テーパーリーマーはどうやって使うの?

テーパーリーマーはいっけん地味な手動工具ですが、電動ドリルで対応しきれない大口径への拡張や、絶妙な穴径の調整・修正に、"あれば便利"な補助工具です。

例:アルミ板にφ12mmの穴を開けたい場合

  1. ハンドルを差し込み、T字形に持ちます。
  2. φ3~4mm以上の穴径にテーパーリーマーを差し込みます。(電動ドリルでφ10mmまで開けておくことが一般的です)
  3. アルミ板に対して垂直に当て、右回転で押し回すことで、金属穴を削ります。
  4. 一度に大きく削ろうとせず、任意の大きさまで都度計測しながら微調整します。

注意点

刃方向が右回転用になっていますので、左回転で削ると刃こぼれします。
アルミダイキャストなど箱状の対象物で、リーマーの挿入距離に限りがある場合は適応サイズが大きい物(テーパー角が広い物)を使用してください。
作業時・作業後は必要に応じて注油を行ってください。金属の削りカスは鋭利で危険ですから、作業後はちゃんと取り除いてください。

「K-442」のポイント

  • 適応サイズφ3~16mmに対応しますので、小さい穴径の微調整に便利です。
  • 抜群の切れ味は、無理な力をかけずともきれいに簡単に穴を拡張できます。
  • 金属以外にもプラスチックケースやアクリル板にも使えます。
  • 自作エフェクターや自作ポータブルアンプ、様々なサイズの穴あけ作業を行う工作には絶対必須の工具です。

テーパーリーマーの仕様

品番 適応サイズ
(φmm)
刃数 テーパー角 全長
(mm)
重量
(g)
取扱説明書
K-441 3~12 6 124 65 PDF
K-442 3~16 10° 95
K-443 4~22 7 12° 155
K-444 4~32 20° 149 330
その他 RoHS2対応品(規制10物質不使用)

在庫品以外の品番はお取り寄せいたします。お問い合わせください。

もっと詳しく知りたい!

ブログタイトル

2015/12/07【【使える工具マニュアル】バリ取り、面取りお手の物!バリ取りナイフ『ホ―ザン K-35』】

2018/04/30【アルミクイックバイスで出来る事をいろいろ試してみた。】

追加情報

追加情報

メーカー ホーザン
入荷予定日 No
発売日 No
評価

顧客レビュー 1件

DIY時に重宝します。
レビュー評価
force77g によるレビュー / (投稿日時: 2018/08/16)

持っていると何かと便利に使えることが多いです!
というもの、ちょっとだけ穴を広げたいっ
という場面は非常に多いと思います。
その際、ドリルで開けるのも良いですが、細かい径の調節が容易にできます。

関連商品

以下の商品にご興味はありませんか?