P-004 ベリリウム銅 プラチナ+パラジウムメッキ

もっと見る

P-004 ベリリウム銅 プラチナ+パラジウムメッキ

F1/M1のノウハウを継承するトップグレード電源プラグ F1/M1と同じ、ベリリウム銅にプラチナ+パラジウムメッキを施した電極。 カバーをオヤイデ「P/Cシリーズ」と共通のポリカーボネイト製にして、価格を抑えたハイグレード電源プラグ。

20%OFF

¥10,260

¥8,208

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

全体域に溢れる熱気を帯びたエネルギー感、押し出しのよい中低域、切れとコクを兼ね備えた高域が特長。総じてバランスに長けた音色で、オーディオシステムに1つは組み込んでみたい電源プラグの名品です。

P-004のポイント

  • ブレード材質は、高伝導性を有し、且つ十分な機械的特性を兼ね備えているベリリウム銅を採用。
  • ブレードメッキは、プラチナ+パラジウムのコンビネーションプレーティングを選定。
  • ボディは、優れた機械特性と電気絶縁性を併せ持つ、高比重エンプラ素材PBT+GF30%を使用。
  • 本体カバーは、微弱振動をレスポンス早く減衰させ、高剛性な、肉厚ポリカーボネイトを使用。
  • パーツ類は全て完全非磁性体

P-004の仕様

本体 PBT+GF30%カバー
ポリカーボネイトブレード ベリリウム銅
メッキ プラチナメッキ(0.5μ)+パラジウムメッキ(0.3μ)の2層
取り付け方法 ネジ止め式
ケーブル適応外径 〜17.0mm
最大適応ゲージ 〜AWG10(5.5sq)
定格 125V・15A仕様 PSE認証品 
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 No
評価

顧客レビュー 4件

無メッキP-004と比較して
レビュー評価
ナルト によるレビュー / (投稿日時: 2018/07/11)

ベリリウム銅のおかげかエネルギー感のある音です。
無メッキでは中低音域にパワーがありましたがこちらは低音域から高音域にかけてどの帯域も華やかに鳴らします。
音の粒が細かく無メッキに比べて繊細な音です。音の入りや消える際のわずかな変化にも敏感です。
上記の特性は短所にもなり、無メッキに比べ音のヌケや音切れが悪いように感じます。
音場は無メッキのほうが広いです。音像感はこちらの方が太って聞こえます。
迫ってくる感じは無メッキの方がわずかに勝っています。解像度という点ではほぼ変わらないとは思いますが、こちらの方が繊細な鳴らし方をするので解像度よく聞こえやすいかと思います。
なんというか無メッキはあまり味付けのない感じでこちらは凄く上手な味付けをしている感じです。

低音のキレが良く、ニュアンスもよく出ます
レビュー評価
kazuya によるレビュー / (投稿日時: 2015/10/31)

ギターアンプのDIEZEL HERBERTの電源ケーブルとしてTUNAMI V2にC-004&P-004の組み合わせとHUBBELLの8215コネクタ&プラグとの組み合わせで音を比較しました。

C-004&P-004の組み合わせはHUBBELLの組み合わせと比べると、歪みのキメが細かくなり、低音が出ているもののスッキリした感じでもたつきがありません。
ソロ等でゲインを上げるとダンゴになりやすい音数が多いフレーズでも、一音一音ハッキリする感じで弾きやすくなりました。
また、ゲインが高い状態だと気になっていたノイズもかなり軽減されたと思います。

家でアッテネーターを使っている状態でこれだけ違うのですから、ライブ等でもっと大きい音が出せたらもっと効果がはっきりするものだと思います。

レビュー評価
匿名 によるレビュー / (投稿日時: 2008/01/31)

この度はお年玉プレゼントTUNAMI-004の当選者に選んでいただき、ありがとうございます。早速レポートさせていただきま

レビュー評価
pct によるレビュー / (投稿日時: 2008/01/26)

この度はお年玉プレゼントTUNAMI-004の当選者に選んでいただき、ありがとうございます。早速レポートさせていただきます。
つないですぐは、重心が下がり、低音の迫力はすばらしいのですが、高域がいまいちな印象でしたが、エージングが進むにつれ、低域の迫力はそのままに中高域もなかなかいいバランスになってきました。プラグ、コネクターの影響でしょうか、解像度が高く、細かなニュアンスを伝えてくれ、タイトで立体感があります。
音をはっきりと伝えてくれますので、タップへの電源ケーブルに使っていこうかと思います。
手放せないケーブルになりそうです。

関連商品