L/i50 OFC R2.5

もっと見る

L/i50 OFC R2.5

出荷本数1万本を誇る、オヤイデオーディオ用電源ケーブルのロングセラー『L/i 50 OFC R2.5』 コストパフォーマンスと使い勝手のよさで、どなたにもお勧めできるエントリーモデルです。

※ケーブル延長は受注製作となりまして、納期は3~4週間になります。

L/i50 OFCをカスタマイズしましょう。
自分好みにプラグ・コネクターも選べるカスタムショップはこちら

20%OFF

¥14,040

¥11,232

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

「L/i50OFC R2.5」はオーディオファンのみならず、ミュージシャン・スタジオ関係者からも絶大な信頼を得る、オーディオ用電源ケーブルのロングセラーモデルです。2度に渡るマイナーチェンジを経て完成度を高めた音質は、オーディオ用電源ケーブルの定番モデルとして、累積1万本以上の出荷数を誇ります。安定した伝送性能と音質を有し、ケーブルが柔軟で取り回しも容易かつ手頃な価格設定。どなたにもお勧めできるエントリーモデルです。

L/i50 OFC R2.5のポイント

  • 高純度OFCを導体を搭載したケーブル「L/i50 OFC」の絶縁材には、振動に強いシリコーンゴム樹脂を使用。
  • ノイズに強いスターカッド撚り構造により、通常のケーブルに比べ、コード内で大幅にノイズを減衰させます。
  • ホスピタルグレード電源プラグ「Panasonic WF5018K」を搭載。
  • 「SCHURTER 4781」に金メッキを施した特別仕様のIECコネクターを搭載。
  • 〈PS〉E 認証品。

L/i50 OFC R2.5の仕様

ケーブル 名称 L/i50 OFC
導体 低温アニール処理 1種無酸素銅線(Class1 OFC)
絶縁体 強化シリコーンゴム
構造 スターカッド撚り 2.0sq(7束 / 25本 / 0.12mm)× 4芯
外径 約φ10.6mm
カラー ブラック
プラグ / コネクター WF5018K(ホスピタルグレード) / 4781G(真鍮ブレード・金メッキ)
定尺 1.5m
定格 125V / 15A 〈PS〉E 認証品
その他 PET製ブラックカラーメッシュチューブ外装

もっと詳しく知りたい!

ブログタイトル

2013/10/06【SCANDAL「Woderful Tonight」】(関連記事)

2016/08/31【え?ケーブルで音が変わる?? んーなわけ無いでしょう!!】

2016/10/10【あなたにとってちょうどイイ電源ケーブルはどれでしょう?~L/i50シリーズ編】

2017/02/01【電源タップ自作講習会、定員に達しました!】(関連記事)

追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 No
評価

顧客レビュー 4件

音の良さを再認識
レビュー評価
sun によるレビュー / (投稿日時: 2018/02/13)

ずっと使用してきて、先日音の良さを再認識し、驚いたのでレポートします。
当初、D/Aコンバーターの低域が薄く、この電源ケーブルに替えたところ出るようになりました。ドロンとゆる過ぎるでもなく輪郭もあります。リズム楽器の動きもよく分かります。中高域もクセの無い自然な音です。
このケーブルにプラスしてRCAやクロックケーブルも選択し、価格差4倍の百何十万のD/Aコンバーター(電源ケーブルは付属6N線)に極めて近い音質に近づける事が出来て常用しています。
入門用の1本・基準の1本として、使いやすい有用なケーブルと思います。現在2本使用中です。

これば良い!
レビュー評価
ペイジ によるレビュー / (投稿日時: 2017/07/11)

お店の人のお勧めで購入しました!オーディオに使ってもギターアンプに使っても綺麗な音です。

音質はシンプル
レビュー評価
Jisakuman によるレビュー / (投稿日時: 2015/07/26)

取り回しの良い太さ、硬さで使い勝手は良い。ただ、コネクターの差し込み感触が良くない。今まで使っていた三菱電線のケーブルと取り換えてやり直してみたが結果は変わらない。しばらく使ってみてコネクターを変えてみようと思う。音質は色付けを感じさせず、シンプルでとても良い。今後エージング効果が楽しみだ。

レビュー評価
SW によるレビュー / (投稿日時: 2011/04/10)

3月のプレゼント品ありがとうございます。
10日間使用後の感想をレビューさせていただきます。
プリメインアンプに使用しており、オヤイデさんの製品であるBLACK MAMBA-αと比較しました。

ケーブルには充分な太さがありますが、柔らかくて取り回しがしやすいです。
この点については、若干硬いBLACK MAMBAよりも扱いやすいと思います。

高音域、中音域が伸びるBLACK MAMBAに比べて、ナチュラルで色付けのない透明な音色が特徴です。

オーソドックスで繊細な音を鳴らしてくれますので、今回はプリメインアンプに使用しましたが、CDプレイヤーなどに使用してもよいと思えました。

関連商品