GND-47 5N純銀単線アナログ・プレイヤーアース専用ケーブル

もっと見る

GND-47 5N純銀単線アナログ・プレイヤーアース専用ケーブル

直営店限定!5N純銀単線を使用した超高伝導アナログ・プレイヤーアース専用ケーブルです。


オーディオアクセサリー銘機賞2019年カテゴリー別、アースケーブル部門受賞モデル。



ケーブル延長、プラグ変更のカスタマイスはこちらから

¥7,776

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

アナログレコードの再燃以前から、オヤイデ電気はレコード愛好家を満足させるアイテムを、数多くリリースしてきました。そしてそれらのアクセサリーは、今もスタンダードアイテムとして選ばれ、愛され続けています。 Technics SL-1200GR の登場でレコードの世界はさらに広がり、音楽とじっくり向き合うというスタイルを提示しています。これはいつでもどこでも音楽を楽しむサブスクリプション(定型制)音楽配信サービスのカウンターともいえるでしょう。

工芸の極みであるターンテーブルは、すべてのパーツがその役割を持っており、それぞれが出音に大きく影響を与えます。オーディオシステムにおけるアースの重要性を認識し、仮想アース”Entreq”をいち早く日本に紹介したオヤイデ電気が、ターンテーブルのアースに着目するのは当然です。オヤイデ電気は、ターンテーブル用アース線を企画開発するにあたり、最適な線とは何か、素材、絶縁体、サイズ、コストパフォーマンス、これらすべてを吟味し、導き出した答えが、今回リリースする「GND-47」です。

これまでにない超高伝導アースケーブル ”GND-47”は、あなたのオーディオ環境をよりクオリティアップすることでしょう。

5N純銀単線アース専用ケーブル GND-47の特長

  • 導体:5N純銀単線1.0mmを採用。スキンパスを施し、導体表面を鏡面仕上げにすることで歪みのないクリアな電気信号伝送を実現しました。
  • 絶縁体超低誘電素材であるPFA(高性能フッ素樹脂)絶縁を施し、電位信号をスムースに伝送。デリケートなレコードの微弱信号を超低誘電且つ高次元にサポートします。
  • スリーブ:天然繊維であるシルクを採用し、シルクの特長である静電気の抑止効果で外的な静電気をシャットアウト。
  • Y端子:銅合金に化学研磨を施し、シルバー+ロジウムメッキで仕上げることにより、ピュアシルバー単線の豊かな性能を最大限に発揮します。

5N純銀単線アース専用ケーブル GND-47の仕様

品名 GND-47
導体 5N純銀1.0mm単線スキンパス仕上げ
絶縁体 PFA(高性能フッ素樹脂)
スリーブ シルク編組
Y端子 銅合金 シルバー+ロジウムメッキ(内径5.5mm)
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 2018/12/07
発売日 No
評価

顧客レビュー 5件

仮想アースのアースケーブルとしても良好
レビュー評価
ウニ坊 によるレビュー / (投稿日時: 2019/01/06)

モニター当選しました、ありがとうございます、イイ感じのカスタムアースケーブルが探しても見つからない中でモニター募集みてこれだと思いました。タイトルにありますがレコードプレーヤーではなく光城精工のフォースバー EPという仮想アースのアースケーブルとしてしようしました。付属のアースケーブルとの比較になります。
SNが良くなり、ノイズが減り音が良く聞こえるようになりました。
また表現力も良くなり、前後の音というか立体感のある音になります、奥で鳴っている楽器や手前に出てくる音とか、細かい音まで表現してくれます、全体的に音に芯がありしっかりして一音一音が弾けるようです。あまり良いアースケーブルはないのでレコードプレーヤーのアースとしても効果が期待できます、いずれはプレーヤーのアースとしても試聴してみます。ありそうでないケーブルを商品化してもらいありがとうございます。大切に使わせていただきます。

仮想アース環境での使用
レビュー評価
mk によるレビュー / (投稿日時: 2018/12/27)

この度はモニターに選んでいただき、ありがとうございます。
私はアナログプレイヤーではなく仮想アース環境で使用です。
使用機材はCDPのK-03と仮想アースボードTMB-10E。
SPはATC SCM40、AMPもATC CA2/P1という環境です。

GDN-47に交換して第一印象は、音像がくっきり!でした。
各楽器の音が滲むこと無くはっきり出てきます。
特に高域、鳴り物系は音の芯がビシッと入り、それでいてシャープで滑らか、それに伴い、音の数が相当増えた感じがします。
とにかく音の消え際の美しさに感動です!
低域はリズムセクションの打撃感、キレの向上、ベースラインや低域弦の音階が今まで以上にはっきりと聞き取れるようになりました。
交換当初は最低域が伸びる感じはあったものの、量感が減った感があったのですが、通電時間が200時間を超えたあたりから、腰の座った低域がぐっと出てきて押し出し感も十分、量感不足は感じなくなりました。
このレビューを書く際に、アース線を何度か交換して再度聴き比べたのですが、音の違いは大きくて、もう元に戻れない感じです。
仮想アース環境でのアース線の交換、あまり手を出す方はいらっしゃらないかと思いますが、システムの音をもう一歩追い込んでみたい方には、GDN-47という選択肢は面白い存在なのではないでしょうか。

アース線でこんなに!
レビュー評価
ちっち によるレビュー / (投稿日時: 2018/12/17)

この度はモニターの機会を頂きありがとうございます。
今回はMCトランスのJS No.41とプリアンプのPRA-2000間に使用しました。カートリッジはOrtofonのMC20MKIIです。
今までのアース線はオヤイデのライカル線を使用していました。今まで疑問もなく満足していました。
変更後の印象です。
高音域は音数が多くなり、しかも耳に刺さらない綺麗な音です。
低音域は若干おとなしくなった気がしましたが、それは音が締まって解像度が上がったのだと思います。
おとなしくなった分ボリュームの位置が10時から11時に上げて同じ迫力でした。
今まで満足していた音がブーミーな低音で、だぶついた音だったのだと気づかされました。
でもこの心地よい音のほうが断然良いです。
ただ良い事ばかりではなく、思っていたよりケーブルが固く、頻繁に曲げたり伸ばしたりというのはしない方が良いのかと思いました。
私は、ちょいちょいトランスを交換するので、その点が気になりました。
ひと通り機器が決まり、ケーブルも決まり、後何かする事ないかという時に、このアース線は良いのではないでしょうか。おすすめです。

恐れ入りました
レビュー評価
くいな によるレビュー / (投稿日時: 2018/12/16)

モニター当選、有り難うございます。 さっそくターンテーブルのシャシーのビスで接続、比較試聴開始です。いつもテストで聞くLPを3,4枚。思ったより差がないかな、という印象でレビューが描きにくいかも、と思ったもののエージングもあろうと翌日同じことを。 ここで「えつ、、、」、という驚きの変化が。24時間で銀選は変化するとは聞いていましたがこういうことなのかと驚きました。以後1週間ほど、落ち着いています。SN比比が上がって気づいていなかったプリエコーが聞こえるのはご愛嬌。ホールトーンが大きく増して前後感が出る、音像の陰影が濃くなるなどなど。システムはO社MC☆20W→A社AD-20→同C-2000→同P-450→B&WM802。これ、電源環境を整備しないと差は出にくいかも知れませんね。我が家では最上流に電源ユニット、A社PS-500Vを、また壁コンはR1,電ケーはオヤイデの極太と中太。システムエンハンサー(JS PC)を入れています。 同音源でのLP,CDの勝負は決定的になりました。GND-47だけでこうなったわけではありませんが、LP再生の総仕上げになったようです。300円で買ったLPがこんなにいとしいものになるとは、、、。 しばらくLP掛けまくりモードになりそうです。有り難うございました。

音質向上+上品なつくり
レビュー評価
Cable Fun によるレビュー / (投稿日時: 2018/12/15)

この度はモニターに当選させていただき、誠にありがとうございます。当方、これまでターンテーブルを接続しているRCAケーブルは自作も含めて色々と交換することはありましたが、アースケーブルは適当な線材にYラグ端子を取り付けて使用しておりました。今回当選させて頂いたGND-47に早速交換してみたところ、残念ながら劇的とまではいきませんが、若干のSN比の向上に加え、高音域の耳障りな成分が和らいだように思います。それ以上に気に入ったのが、静電防止シルク編組被覆の外装による上品な作りです。ヴィンテージ機器には大変良くマッチするのではないでしょうか。音質の向上は勿論ですが、見た目の上質さもオヤイデ製品の素晴らしい所だと思います。それはパッケージデザインも同様です。
この度はありがとうございました。

関連商品