EXPLORER V2(切り売りスピーカーケーブル)

もっと見る

EXPLORER V2(切り売りスピーカーケーブル)

素材から技術へ
かつてない精度と技術で創り上げられた精密導体 “102 SSC”。スピーカーケーブル “EXPLORER V2” の登場です。
オーディオアクセサリー銘機賞2015 受賞モデル


※0.75sqは1巻でのご注文の場合100m巻きとなります。
※1.25sq、2.0sqは1巻でのご注文の場合50m巻きとなります。

20%OFF

¥648

¥518

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

電気特性とフレキシビリティを両立したフレックスポリエチレン、ジオメトリックデザイン、エアーダンパーを特長とする初代“EXPLORER”。 2008年の登場以来、初代“EXPLORER”はそのシンプルな外観からは想像し得ないほどの優れたパフォーマンスによって、ピュアオーディオからホームシアターまで幅広いニーズに応えてきました。

ところが2013年、初代“EXPLORER”に用いられていたPCOCC-A導体が供給終了になり、図らずも初代 “EXPLORER” は生産完了の憂き目に遭います。 そして2014年、その命脈は精密導体“102SSC”によって “EXPLORER V2” に受け継がれます。

吟味されつくした初代モデルのコンセプトを継承すべく、“EXPLORER V2” の構造は初代モデルをそのまま継承。 精密導体 “102SSC” によって徹底的に磨き上げられ、新たなテイストを纏ったオヤイデの自信作をぜひご堪能下さい。

3E導体構造とは

3E 撚り構造は同心撚り配列構成の一括集合撚り線導体で、3種類の異なる素線径を配置する事により、撚り線配列を緻密化。 導体構成の細径化が可能となり、導体特性値の向上を図ります。

この3種類の異なる導体径の素線はジオメトリックに配置され、素線間の空隙を最小限に抑え、素線密度の向上を果たします。 更に撚り線外径のダウンサイジングと共に、安定かつ高精度な外径を保ち、撚り後の断面が真円という世界でも類を見ない導体構造です。

精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 世界初、高密度異径導体 3E 撚り構造を採用(特許取得済み)
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、”102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

製品特徴

  • 精密導体“102SSC”を採用した新生スピーカーケーブル “EXPLORER V2”。
  • 絶縁体と導体からなる、最もシンプルな形で形成された、コストパフォーマンスに秀でたスピーカーケーブル。
  • 基本構造は初代“EXPLORER”を継承しつつ、導体の撚り合わせに特許技術“3E撚り”を世界初導入(三洲電線 特開2007-317477・特開2009-266670)
  • “3E撚り”は、3種類の線径が異なる素線を幾何学的に撚り合わせ、導体の緻密化を図る特許技術で、線間歪による音質の劣化を排除。
  • 絶縁体には電気特性とフレキシビリティを両立したフレックスポリエチレンを採用。
  • 床面との接触を最小限にするジオメトリックデザインで、床面からの振動伝播を抑制。
  • 振動減衰作用と誘電率上昇の抑制を図るエアーダンパー(中空層)を導体間に配置。
  • シース刻印に“EXPLORER V2 ”“102SSC”をマーキングし、V2モデルを明示。
  • 0.75SQ/1.25SQ/2.0SQの3種類の太さをご用意し、ピュアオーディオ、ホームシアター、バイワイヤ接続、使用距離、コストなど多岐にわたるニーズに対応。
  EXPLORER 0.75 V2 EXPLORER 1.25 V2 EXPLORER 2.0 V2
構造
2芯平行(VFF)
導体
102SSC
線径 0.75SQ(19本/3E撚り) 1.25SQ(37本/3E撚り) 2.0SQ(37本/3E撚り)
絶縁体
フレックスポリエチレン
外径
3.3mmx7.3mm
3.5mmx8.0mm
3.7mmx8.6mm
シース刻印色

オヤイデスタッフレビュー

EXPLORER 0.75sq
優しくクリアーでリズミカルな高解像度ですが、耳にきつくなく聞きやすい印象です。
低域の厚みは少な目ですが、その分締りも良く、中高域は鮮やかで音の粒立ちも細かくきれいに表現されます。 小規模なシステムなら十分です。
EXPLORER 1.25sq
0.75sqモデル同傾向の音ですが、低域に厚みが増して帯域バランスも優れています。
0.75sqモデルから一気に解像度が上がった印象ですが、音は少し落ち着いた感じで、低中域が加わり全体的に音は太くなります。
EXPLORER 2.0sq
解像度も高く、レンジも広く、程よい肉付きで躍動感があり、安定感のある音です。
高域の切れの良さはわずかに落ちますが、ボーカルがより明瞭に感じられ、低域の量感も程よく、帯域バランスも良好です。
102 SSCの良さが顕著にでたハイファイモデルです。
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 No
評価

顧客レビュー 8件

2度買い
レビュー評価
ロック によるレビュー / (投稿日時: 2018/06/01)

PC周りのスピーカー用に2.0sqを1m買ってしばらく使っていたのですが、如何せん取り回しに余裕がない為、再度2mを購入し直しました。
旧世代のPCOCC-Aをずっと使っていたのですが、やはり102SSCは進化していますね。音のクリアさが桁違いだと思います。一度聴いたらこれ以外は使えないと思います。

購入してよかったと思っています。
レビュー評価
桃月庵うさぎ によるレビュー / (投稿日時: 2017/08/14)

2.0sqを購入しました。
自宅のスピーカーがそれほど大きくはないブックシェルフタイプのものでだったので変化を感じ取れるか不安だったのですが無事感じ取れました。
主観ですが、まずボーカルのみずみずしさに驚きました。
リード楽器やパーカッションは生き生きとしています。
低音は最初少し引っ込んだように感じたのですがしばらく聴いていると懐が深くなったといいますか豊かになり奥行きが出ていることに気づきました。
今までは純正のスピーカー付属のモノを使用していたのですがこのEXPLORER V2に交換してよかったと思っております。

また店頭で購入する際店員の方が相談に乗ってくださりそのことに関してもこの場を借りてあらためて感謝したいと思います。
大切にします。

自信作!イイネー
レビュー評価
ジロー によるレビュー / (投稿日時: 2015/11/27)

EXPLORER V2 1.25 到着して、とりあえず使用していた、MONSTER XP から交換。
今まで感じられなかった「響き」に気が付く。音量感が上がっている。
次々に曲を替え、アルバムを替えて見るが、明らかである。
この、響きが豊かになったことで、音場がより澄んで立体的になっている。
コストに対しては言うまでもなく、充分に満足できる!
もう、何時間も鳴らしっぱなしです。
まだ、エージング中のスピーカー・DALI、今後どんな鳴り方をするか、ワクワクするところ。

長さ、余裕をもってカットして下さったことで、結線も楽でした。 

煙草とコーヒーが美味しくなるケーブル
レビュー評価
いえからWON! によるレビュー / (投稿日時: 2015/06/06)

使用中のケーブルに「ちょっと飽きたかな」なんて思ってしまうのが好事家のタチの悪いところで、今の相手に特に不満がある訳ではないんですどイケナイですよね。
と言いつつ私もそうなんで、そんな時はあまり高額でない中から新味のあるモノを試してみるのですが、このケーブルの2sqを2.5m/ch買ってみて、、「おぅ、これはフレッシュ!」
そりゃ初めてのお相手はいつだって新鮮に感じるものですが、そうでは無くて音の素質としてフレッシュでした。

今リビングの方に置いてるのがPMCということもあり、正確な音は出すけどあんまり楽しくないSPなので「ソースの内容を聴いてるだけ」の気分だったのですが、このケーブルをつないで数日、気が付くと何となく上の方を見上げながら聴いている自分がいました。
高域がどうのとか低域がどうとかいうのではなく、音が出てるだけな気分を変えてくれて素敵です。おかげで煙草やコーヒーが美味しくなりました。

悪戯な発想ですが、例えばケーブルやディバイダーに何十万も使っていてどこを聴いても正確で膨大な情報量で凄いんだけど鬱に陥るようなオーディオの方がいらっしゃったら、コレをその中に入れてやりたいなぁと思ったケーブルでした。あるいは喫茶店やアンティークショップのSPの基本ケーブルとしても良いと思います。

・・とはいえ、好みで言うともうチョイ低域を骨太にしたいと思ったので今後パラレルで試してみようと思ってます。(+側-側をそれぞれ継いで倍にするのではなくこのケーブルそのものを、マイナス側に1本プラス側に1本という使い方で。※スターガット構成では無いという意味です)

以上、勝手書いて済みません。実際今、このレビューをSEALのsystem聴きながら書いてたんですが、ずんと深いSEALでありながら未来を見上げるように聴けました。またこれまでISABELLE FAUSTにはちょっと困ってたんですが血が通った感じになりました。

・・どなたかのご参考になれば幸いです。

この値段で、この音は立派
レビュー評価
高砂屋 によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/15)

 この度はモニターに選んでいただきありがとうございます。ケーブルの長さの関係上、2ndシステムでの試聴することとなり「違いがわかるかな」と不安でした。しかし片chだけ代えたところで音を出してみて、音量が上がったように感じビックリ。そして、まだ追い込み中の自作スピーカーで不満だった低音不足が気にならなくなりました。細部、ピアノの内部の反響音、弦楽四重奏でのホールの距離感もイイ感じ。シッカリとした音出しが魅力的です。メイン・システムにも使ってみたくなり、購入を検討中。SPケーブルを検討中の方、特に元手に限りがある方には不安無く勧められる商品ですね。

エレキットTU-880
自作デジタル・アンプ
自作小型バスレフ

Brian FERNEYHOUGH complete works/ARDITTI SQ
Peter SERKIN plays music of Toru TAKEMITSU
若杉弘/cologne radio symphony orchestra the new vienna school
Jon CLEARY live
Lionel LOUEKE virgin forest

安心しました
レビュー評価
K.A. によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/09)

この度はモニターに選んでいただきありがとうございます。小型2Wayスピーカーでの感想です。たまたま、EXPLORER 0.75(PCOCC-A)を使用していて、クリアで明るい音色が気に入っていました。モニターのEXPLORER 2.0 V2にかえると、中低音の押し出しがよくなりました。滑らかさも加わったように思います。より、ワイドレンジになったようです。端末処理は、バナナプラグにしています。2.0SQですが、取り回しは、それほど難しくありません。これから、自作するスピーカーとの組み合わせを楽しみにしています。
ありがとうございました。

ハイコストパフォーマンス
レビュー評価
maron5151 によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/07)

この度はモニターに選んでいただきありがとうございます。

使用機器は下記の通りです。

・スピーカー ガレージメーカー3ウェイ
・ドライバー:JBL 2425H
・ホーン:JBL 2370A
・ウーハー:JBL 2226H
・ツィーター:2402H
・プリアンプ Macintosh C22 復刻品
・パワーアンプ Macintosh 275 復刻品
・CDP pioneer PD-T09

テストには接続中でしたベルデン814との比較になります。

先ず接続しての第一印象は、音の繋がりが全く無く、上下音のバランスがてんでバラバラで使い物にならないという印象で正直ガッカリしましたが、aet社のエージングCDを合計10時間程再生しました所、激変しました。この様なエージングCDもしくは同様な機器を持たれ無い方は、かなりエージングに時間が掛かる様に思われます。

ベルデンとの比較ですが、全体のバランス的には若干中高域に偏り、心持ち低域が弱い感じです。
静寂感の中に克明に音を描き出し、輪郭もハッキリして音の粒立ちがとても好感が持てました。

難を言えば、もう少し低域が出て欲しいのと、円やかな色気の様な表現があると申し分ないのですが…メートル¥1.500という価格を考えると欲張り過ぎかもしれません(苦笑)とにかく超ハイコストパフォーマンスなケーブルでした。

ジャンル的にはクラシックにドンピシャだと思います。

正直PCOCCの音の傾向と余りに違いがありましたので面食らいましたが、妙な味付けも無く使い易い品ですので、0.75sqの方と組み合わせて使用しても面白いかもしれないと感じました。

この度は良い品物をありがとうございました。


オヤイデの音
レビュー評価
あっす によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/04)

この度はモニターに選んで頂き誠にありがとうございます。
モニターに当選するのは始めてて、拙い文章でのレビューとなりますが何卒、ご容赦ください。

早速使おうと思いましたが普通に使っては面白くないと思い、あえてギターアンプのスピーカーケーブルを自作し使わせて頂きました。

正直オヤイデの精密導体“102SSCには全く期待しておらず、PCOCC-Aがなくなると聞いた時は終わったと思っていました。しかしいざ音を出してみると、あのオヤイデの独特なミッドの出方の音がなり、初めてオヤイデ製品を使用した時のアンプから出た音の衝撃が蘇りました。まさしくこの音はオヤイデの音だと…感無量です。
スタジオの定番のスピーカーケーブルとの比較となりますが、全てにおいてあと少し欲しい音域が前に出てくれてとても気持ちいい音が出ます。

精密導体“102SSCはオヤイデの自信作と言っていた理由がよくわかりました…
今度は他の製品も徐々に試していきたいと思います。


関連商品