DST-75R V2 RCAコネクター(S/PDIF)

もっと見る

DST-75R V2 RCAコネクター(S/PDIF)

精密導体102SSCを採用したハイコストパフォーマンス75Ω同軸デジタルRCAケーブル登場!


レギュラーラインナップは0.7m/1.0m/1.3m。


システムに合わせたカスタムオーダーも可能です。

20%OFF

¥4,840

¥3,872

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

“DST-75R V2”は「コルデル構造」によって誘電損失を極限まで抑えた75Ω同軸デジタルRCAケーブルです。「コルデル構造」は 高周波伝送の理想形である空気絶縁に限りなく近い絶縁手法で、中心導体にPE紐をスパイラル状に巻きつけて支持し、中心導 体の周りに空気層を設けた構造を有しています。

中心導体と編組シールドには、オヤイデ電気の誇る「精密導体102SSC」を採用。

コンタクト部にシルバー+ロジウムメッキを施したRCAプラグ、電気特性とフレキシビリティを両立させるフレックス PEシース、100%の遮蔽率を誇るカッパーフォイルシールド、遮蔽率 90%の編組シールドによるダブルシールディングなど、随所にオヤイデ電気の拘りを盛り込みました。ハイコストパフォーマンスなデジタル伝送ケーブルとして、S/PDIF同軸デジタルや、TVなどのコンポジット映像の伝送に、その性能を如何なく発揮します。

精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 世界初、高密度異径導体 3E 撚り構造を採用(特許取得済み)
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、“102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

DST-75 R V2 製品特徴

  1. 絶縁体による誘電損失を極限まで抑えた「コルデル構造」採用の75Ω同軸ケーブル。
  2. 初代DST-75Rに「102SSC」を採用したリファインモデル。
  3. 精密導体102SSCを中心導体と編組シールドに採用。
  4. 100%の遮蔽率を誇るカッパーフォイルシールド、遮蔽率 90%の編組シールドによるダブルシールディング。
  5. 電気特性とフレキシビリティを両立させるフレックス PEを外装シースに採用。
  6. RCA プラグのコンタクト部にシルバー・ロジウムメッキを採用。
  7. S/PDIFの75Ω同軸デジタル信号や、映像機器間のコンポジット映像信号の伝送に。

DST-75 R V2 製品仕様

  • ケーブル:DST-75 V2(102SSC)
  • ケーブル構造:コルデル中空構造
  • 中心導体:1.05mm単線
  • ケーブル外径:6.6mm
  • RCAプラグ材質:真鍮
  • RCAプラグメッキ:コンタクト部にシルバー+ロジウム、カバー部に梨地クローム
  • ハンダ:オヤイデ電気製無縁銀ハンダSS-47
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 2015/05/01
評価

顧客レビュー 5件

DACとアンプの接続に使っています。
レビュー評価
ロック によるレビュー / (投稿日時: 2018/06/05)

前のシステムではオプティカル接続の方が音が良かったんですが、性能のいいDACの購入に合わせてこれを購入してみました。ほんの僅かですが有線の方が音に厚みがあるように感じられる為に正式にこちらに変更しました。ノイズが乗っているのとは違うのでやはり解像度が勝っているではないかと思います。

ネットワークオーディオに使用しています
レビュー評価
徹夫 によるレビュー / (投稿日時: 2015/06/10)

モニターに選んでいただきありがとうございます。レユーが遅くなって申し訳ありません。

主にNASに入れた音源を聴くときに、プレーヤーからDACへのコネクターとして使用しています。

詳しいシステム構成は、

ディスク+ネットワークプレイヤー:OPPO BDP-105
DAC:BELL TECH DAC-1
アンプ:自作
スピーカー:自作

DST-75R V2を今までのデジタルケーブル(ごく普通の75Ω同軸ケーブル)より替えて音出ししてみました。

最初は、エージングが進んでなかったので、ややとげのある音がしていたのですが、徐々にこなれてきて、
現在は非常に柔らかな音がしています。コストパフォーマンスから見ても、優れたケーブルだと思います。
見た目も、白いシースがなかなか良いと思います。



これで4000円以下!!
レビュー評価
哲 によるレビュー / (投稿日時: 2015/05/29)

今回はモニターに当選させてくださってありがとうございます。
ブルーレイヤはビット制限がつくのでDVD CDで試してみました。
普段使用しているのは 皆さんもご存じA社のアートリンクシリーズ(12000円位)の同軸ケーブルです
変えたばかりの頃は音が荒い感じがしていたのですが、1週間もしてくると荒らさがいつの間にかとれ
DVDの音声がまるでハイレゾ音源のように艶ぽくなりました。元はケーブルに、差し換えてもみましたが
もう元のケーブルには戻れないと感じました。A社も悪くはないと思ってずっと前から(10年)使ってきま
したが値段が半額以下でこのように良いケーブルが造れるのが凄いと思います。

まさにハイコストパフォーマンス
レビュー評価
naganawa によるレビュー / (投稿日時: 2015/05/19)

今回モニターに当選いただきありがとうございます。

まず使用感ですが、取り回しがよくプラグもしっかりしてます。
コレクトチャックを回すとキコキコ鳴りますがスムーズに動き使用には問題ありません。

次にDDC(iLink)→DAC(U-05)間で同軸ケーブルを2本同時に接続してリモコンで切替を行い
スピーカーでの試聴にて音質の比較をしてみました。
比較対照はPCOCC-Aの定価約3万円のものになります。

音源タイトル:宇多田ヒカル - 甘いワナ ~Paint It, Black
・音場が横に広くなり若干奥行き感が減少
・高音よりになり、よく言えば明快・悪く言えば派手な音になる
・わずかにフォーカスが甘くなり低域が膨らむ印象
・全体的に情報量が整理されたようなすっきりした音になる
・定位のついては差異を感じない

20時間程度使用後でのレビューです。
いずれも分析的に比較試聴しての感想ですので通常の使用では判別は難しいかと思われます。
価格を考慮すれば商品説明にあるハイコストパフォーマンスであることは間違いなく
☆5の評価で問題ない製品であると判断いたします。

オールラウンダー
レビュー評価
YN によるレビュー / (投稿日時: 2015/05/19)

モニターに選んでいただきありがとうございます。

用途はDJ用機材に使用してます。
Pioneer CDJ-2000 Nexus→Pioneer DJM-900 Nexus
元々、DST-75Rは使っていたのですが、先代は数ヶ月使用しておりphonon liquidを塗ってもあるので、正確な比較は出来ないのですが、DST-75RとDST-75R V2の比較してみました。

取り回しは殆ど変わりません。コアキシャルは高額な商品が多いなかリーズナブルな価格なのも嬉しいですね。
細かいところですが、選べる長さがCDJとミキサーの接続にちょうど良くてgood
音はと言うとV2の方が少しパリっとしているように感じますが、基本的にはそつなくこなす優等生という印象は変わらず。
先代を持っている人が買い換えには迷うところでしょうが、付属のケーブルからの変更としてはかなり良い選択肢になると思います。

関連商品