BLACK MAMBA-Σ V2

もっと見る

BLACK MAMBA-Σ V2

素材から技術へ
かつてない精度と技術で創り上げられた精密導体 “102 SSC”。電源ケーブル “BLACK MAMBA-Σ V2” の登場です。


BLACK MAMBA V2をカスタマイズしましょう。
自分好みにプラグ・コネクターも選べるカスタムショップはこちら


※ケーブル延長は受注製作となりまして、納期は3~4週間になります。


20%OFF

¥28,600

¥22,880

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

しなやかでハイスピード、地上で最も素早い蛇からネーミングされた初代 “BLACK MAMBA” 。
「現代にマッチした音楽製作のためのパワーケーブル」をコンセプトに設計された初代 “BLACK MAMBA-α” は、そのフラットな帯域バランスと、正確な位相、高S/N、高解像度、高分解能によって、レコーディングスタジオから絶大な支持を受けることとなり、音楽製作現場における電源の重要性を認識させる立役者となりました。
さらにその魅惑のサウンドはピュアオーディオ向けにカスタマイズされ初代 “BLACK MAMBA-Σ” として開花。オーディオファイルの心をも鷲掴みにしました。
ところが2013年、PCOCC-A導体の供給終了に伴い、図らずも初代“BLACK MAMBA”シリーズは生産完了の憂き目に遭います。
しかし2014年、その命脈は精密導体“102SSC”によって“BLACK MAMBA V2”に受け継がれます。
吟味されつくした初代モデルのコンセプトを継承すべく、“BLACK MAMBA V2”の構造は初代モデルをそのまま継承。
精密導体“102SSC”によって徹底的に磨き上げられ、新たなテイストを纏ったオヤイデの自信作をぜひご堪能下さい。

製品特長

  • 基本構造は初代“BLACK MAMBA”を継承しつつ、精密導体“102SSC”を採用した新生電源ケーブル “BLACK MAMBA V2”。
  • 帯域バランスに優れた3.5SQの導体断面積を有し、耐電圧600V最大20アンペアのハイスピード・ハイパワー伝送を提供。
  • 通常の1.15倍のテンションで撚られたショートピッチストランドワイヤーによって、導体内のランダムな隙間を排除し、線間歪による音質劣化を抑制。
  • 絶縁材には、PVCに比して誘電率が1/4という極めて低い値を示す高分子ポリオレフィンを使用。
  • 介在物には、強度と耐久性に優れたフレックスポリエチレン紐をジオメトリックにレイアウト。
  • 銅箔によるシールディングでノイズをシャットアウト。
  • 外装は振動減衰に優れたオーディオ専用ハロゲンフリーシースを採用。
  • シース刻印に“BLACK MAMBA 2 ”“102SSC”をマーキングし、V2モデルを明示。
  • “BLACK MAMBA-Σ V2”のケーブル外装には石英ガラススリーブ(白色)を被覆し、振動減衰を強化。
  • “BLACK MAMBA-Σ V2”の電源プラグ&IECコネクターには、レッドボディ・ホワイトカバーのP/C-004 SPECIAL EDITION(ベリリウム銅バフ仕上げ電極、無メッキ)を装着。

精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、”102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

製品仕様

構造 3芯キャブタイヤ
導体 102SSC(ホット/コールド)+OFC(アース)
線径 3.5SQ(45本/0.32mm)
絶縁体 高分子ポリオレフィン
介在 フレックスPE紐
シールド 銅箔テープ(ドレインワイヤー有)
外装及びスリーブ オーディオ専用ハロゲンフリーシース/石英ガラススリーブ(白色)
電源プラグ&IECコネクター P/C-004 SPECIAL EDITION(ベリリウム銅バフ仕上げ電極、無メッキ)
定格 125V/15A PSE認証品

有料レンタルサービスもあります

追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
入荷予定日 No
発売日 2014/10/17
評価

顧客レビュー 6件

音域バランスの良い電源ケーブル
レビュー評価
KIMIZO によるレビュー / (投稿日時: 2014/12/31)

モニター当選ありがとうございます。レビューが大変遅くなり申し訳ありません。
この電源ケーブルは、電流での影響が出るパワーアンプ「Luxman M-800A」で音質の確認をしました。
システム構成は、ディスクプレーヤにLuxman DU-80、プリアンプにLuxman CU-80、スピーカーにPioneer S-1EXです。
まず、届いて繋いだ直後ではハイ上がりで高音域がブーストされた感じで中低域は厚みもなく、音域バランスが崩れました。
この時点はこの電源ケーブルは大丈夫なのか心配になりましたが、毎日数時間聴き続けて数日経過すると中低域が出てくるようになってきました。
1週間後には音域バランスが整い始め、音場感も出てきて前後左右の立体感が出てきました。
試聴感想です。
イーグルスの「hell freezes over」から"hotel california"では、歓声と拍手の広がり、出だしのバスドラの低音の締まり具合、ボーカルのきちんとした低位と生っぽいボイス、そしてギターの響きと強調する部分がなくすべてが調和した感じになります。
クラシックでは、イ・ムジチのアルビノーニのアダージョを聴くと曖昧のない弦の響きやチェンバロとオルガンの豊かな響きも出ており、心地よい音色でした。
また、オーケストラもいくつか聴きましたが、演奏の力強さ、迫力、息づかいなどが感じることができ、立体感もあり演奏が楽しく聴くことができました。
以前、TUNAMI(PCOCC-A)の自作電源ケーブルをM-800Aに繋いでいたことがあり、その時は特に中低域の厚みは太いものがありましたが、比較してこのケーブルは音の厚みというより音の輪郭をはっきり出すタイプかもしれません。
私にとっては、楽器などすべての音をしっかり出して低位もぴったりするようにセッティンしているので、音域などバランスが良くて癖がなくてとてもマッチしている電源ケーブルだと感じました。
このたびは、モニターに選んでいただき感謝しております。
BLACK MAMBAの音質のバランスの良さから、今度は切り売りケーブルを購入して電源ケーブルを自作してTASCAM DA-3000に使ってみようと思います。

実戦で使える一本!!
レビュー評価
ネコミキサー によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/20)

この度はモニターに選んで頂き誠にありがとうございます。拙い文章で申し訳ないですが仕事で2週間使用した感想を書かせて頂きたいと思います。

今回使用した機材はTASCAMのマスターレコーダーDA-3000です。普段はTUNAMI GPX(初代)を使用しておりますのでそれとの比較になります。まず最初に、差し替えて聞いてみたところ非常にフラットでいい音なのですがちょっと音の角が立つなあという印象です。ある意味デジタル的というか…そのためか少し空間が詰まったように感じました。音の伝達率というかスピード感はTUNAMIのほうが圧倒的に強いです。ただ2週間使っていくうちにエイジングされたようで最初よりかは角がスッキリしてアナログ的な底も見えてきて風通しがよくなり、ジャンルと用途を選べば全然ありだと思いました。むしろ書き出しの最終段階であんまり色付けしたくない楽曲やマスタリングなしミックスのみのプロジェクトは今後使っていくと思います。最後になりますが実戦で使える一本だと思います。

いいですね!
レビュー評価
ゴンちゃん によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/18)

モニター当選、有難う御座います。レビュー投稿が遅くなり申し訳ありません。電源タップはベルデンPS-1850に接続し、BRAVIA 4Kでの使用レビューになります。音の良いテレビですが、音の押し出しが良くなり背面のサブウーファーが稼動しているのを実感します。音楽CDを聞いてもテレビのスピーカーで聞いている感じはありません。欲しいサウンドバーがありましたが、テレビ周りをスッキリ使いたい私には、ケーブルだけでシステムアップできるので効果的です。映像は発色が良く綺麗な映像になりました。画質モードを『ダイナミック』に切り換えて見るとキラキラ感が増したように思います。旧製品を持っていないので比較はできませんでしたが、画質設定をいろいろやって好きな映画を観たいと思います。改めて、モニター当選頂き御礼申し上げます。

BLACK MAMBA-Σ V2 1.8mモニターレビュー
レビュー評価
S.U によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/18)

『モニター当選、有難うございます。レビュー投稿が遅くなり、申し訳ありません。

エソテリックSACD/CDプレーヤー、K-03での使用レビューとなります。

既使用のACROLINK・7N-P4020Ⅲ+フルテック・FI-11(M)-N1(R)との比較では、Fレンジが高低とも少し広がり、解像度がアップします。その為、高域の繊細感が増し、音場もクリアで奥行きが明瞭になります。オーケストラでは、楽器毎の音色の違いが明確になり、楽器と楽器の位置関係がはっきりします。この辺りがはっきりと良いところです。

一方、やや音色がドライでしっとり、ねっとり、色っぽい、ツヤっぽいといった表現は今一つです。ただ、装着直後に比べ、一週間でずいぶんこの辺りも良くなって来ていますので、もう少しエージングを続けて、様子を見たいと思います。

いずれにしても、価格からすれば非常に良くできているのではないかと思います。私も当分、このまま使い続けてエージングを進め、真価を確認したいと思います。

改めて、モニター当選頂き御礼申し上げます。』

BLACK MAMBA-Σ V2 1.8m
レビュー評価
へい によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/16)

モニター当選、有難うございます。レビュー投稿が遅くなり、申し訳ありません。
エソテリックSACD/CDプレーヤー、K-03での使用レビューとなります。
既使用のACROLINK・7N-P4020Ⅲ+フルテック・FI-11(M)-N1(R)との比較では、Fレンジが高低とも少し広がり、解像度がアップします。その為、高域の繊細感が増し、音場もクリアで奥行きが明瞭になります。オーケストラでは、楽器毎の音色の違いが明確になり、楽器と楽器の位置関係がはっきりします。この辺りがはっきりと良いところです。
一方、やや音色がドライでしっとり、ねっとり、色っぽい、ツヤっぽいといった表現は今一つです。ただ、装着直後に比べ、一週間でずいぶんこの辺りも良くなって来ていますので、もう少しエージングを続けて、様子を見たいと思います。
いずれにしても、価格からすれば非常に良くできているのではないかと思います。私も当分、このまま使い続けてエージングを進め、真価を確認したいと思います。
改めて、モニター当選頂き御礼申し上げます。

BLACK MAMBA-Σ V2 1.8m
レビュー評価
へい によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/16)

モニター当選、有難うございます。レビュー投稿が遅くなり、申し訳ありません。
エソテリックSACD/CDプレーヤー、K-03での使用レビューとなります。
既使用のACROLINK・7N-P4020Ⅲ+フルテック・FI-11(M)-N1(R)との比較では、Fレンジが高低とも少し広がり、解像度がアップします。その為、高域の繊細感が増し、音場もクリアで奥行きが明瞭になります。オーケストラでは、楽器毎の音色の違いが明確になり、楽器と楽器の位置関係がはっきりします。この辺りがはっきりと良いところです。
一方、やや音色がドライでしっとり、ねっとり、色っぽい、ツヤっぽいといった表現は今一つです。ただ、装着直後に比べ、一週間でずいぶんこの辺りも良くなって来ていますので、もう少しエージングを続けて、様子を見たいと思います。
いずれにしても、価格からすれば非常に良くできているのではないかと思います。私も当分、このまま使い続けてエージングを進め、真価を確認したいと思います。
改めて、モニター当選頂き御礼申し上げます。

関連商品