TUNAMI GPX V2 1.8m

もっと見る

TUNAMI GPX V2 1.8m

素材から技術へ
かつてない精度と技術で創り上げられた精密導体 “102 SSC”。電源ケーブル “TUNAMI V2” の登場です。
オーディオアクセサリー銘機賞2015 受賞モデル

20%OFF

¥32,400

¥25,920

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

5.5スケアもの極太導体によるハイパワー伝送と、厳重な3レイヤーシールディングによって、電源ケーブルの世界に新たな境地を切り開いた初代“TUNAMI”。そのアグレッシブなサウンドとパフォーマンスの高さは、電源ケーブル史上に燦然と輝く金字塔とも言える存在でした。ところが2013年、PCOCC-A導体の供給終了に伴い、図らずも初代“TUNAMI”は生産完了の憂き目に遭います。しかし2014年、その命脈は精密導体“102SSC”によって“TUNAMI V2”に受け継がれます。吟味されつくした初代モデルのコンセプトを継承すべく、“TUNAMI V2”の構造は初代モデルをそのまま継承。精密導体“102SSC”によって徹底的に磨き上げられ、新たなテイストを纏ったオヤイデの自信作をぜひご堪能下さい。

精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、”102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

TUNAMI GPX V2の特徴

  • 基本構造は初代“TUNAMI”を継承しつつ、精密導体“102SSC”を採用した新生電源ケーブル “TUNAMI V2”。
  • 余裕の導体断面積5.5SQによって、耐電圧600V最大30アンペアというハイパワー伝送と、アグレッシブなレスポンスを提供。
  • 通常の1.15倍のテンションで撚られたショートピッチストランドワイヤーによって、導体内のランダムな隙間を排除し、線間歪による音質劣化を抑制。
  • 絶縁材には、PVCに比して誘電率が1/4という極めて低い値を示す高分子ポリオレフィンを使用。
  • 電磁波吸収体/カーボン層/銅箔による3レイヤーシールディングでノイズをシャットアウト。
  • シース刻印に“TUNAMI V2 ”“102SSC”をマーキングし、V2モデルを明示。
  • TUNAMI GPX V2の電源プラグ&IECコネクターには、イタリアンレッドカラーのP/C-046 SPECIAL EDITION(リン青銅バフ仕上げ+金/パラジウムメッキ)を装着。

製品仕様

ケーブル TUNAMI V2(1.8m)
電源プラグ&IECコネクター P/C-046 SPECIAL EDITION(イタリアンレッド)
電極材質&メッキ リン青銅バフ仕上げ+金/パラジウムメッキ
定格 125V/15A PSE認証品

※ケーブル延長0.5m増すごとに税別2,720円加算。ただし、定尺より短い特注は、定尺の販売価格となります。
※ケーブル延長は受注製作につき、納期2週間ほど頂きます。

追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
評価

顧客レビュー 7件

空気のように
レビュー評価
キュー によるレビュー / (投稿日時: 2016/10/04)

5.5スケアの極太導体なので低音の量感が増すだけと思われがちだが許容電流、電圧が増えるとS/N比が劇的に改善する。要は高低両エンドともに空気のように音域が澄み渡る。特にパワーアンプに用いるべきで上段のCDプレイヤー、プリなどは3.5スケアのブラックマンバの方が音色バランスを取りやすい。消費電力が軽く600Wを超えるパワーアンプなどにはこの極太導体は必至と思わせる。世の中にはたかが3.5スケアほどの断面積導体で30万円超えのケーブルすら存在する異常な事実。使う銅の量など考えても明らかに狂気でありぼったくりだと思う。50万円のアンプに30万円の電源ケーブルなど使うくらいなら100万のアンプにこのTUNAMIをぶちかます方が100%良い音が出るだろう。それだけ世界のハイエンドマシンに接続しポテンシャルを引き出す力がこのTUNAMiにはある!

TUNAMI GPX V2
レビュー評価
三角山のたぬき によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/13)

この度はモニターに選んで頂き、有難うございました。
エイジング完了後に評価したいと考え、レポートが遅くなりました。
これまでTUNAM GPXを使用して来たためエイジングには相当時間を要すると思い、まずリビングの壁コンとTV、DVDレコーダーを接続するためのRGP400の間にTUNAMI GPX V2を繋ぎました。400時間経過後、オーディオルームのプリアンプ(JEFF ROWLAND:CRITERION)に接続。このプリのバッテリー駆動は、その高S/N、透明感、音数の多さ等に定評がありますが、それとTUNAMI GPX V2によるAC電源駆動とをポリーニ/VPOのモーツァルトP Con.No.21第2楽章で比較してみました。
バッテリー駆動によるCRITERIONはVPOの弦楽器、中でも中高域の、VPOだけが持つあの官能的な(妖艶な)音色を、そして低域の分厚い響きを完璧に再現してくれました。一方、TUNAMI GPX V2によるAC電源駆動でもS/Nの良さ、定位、解像度、音場感等に大きな差は無かったのですが、主な違いはTUNAMI GPX V2では低弦の響きにやや乾いたニュアンスがあり、強めに出るためにバッテリー駆動ほどの響きは得られませんでした。それとフルートがわずかに滲んでいるように感じました。
結論としてはエイジングに充分な時間を掛けた事もあり、TUNAMI GPX V2はバッテリー駆動と比較しても遜色の無いパフォーマンスを示してくれました。特にAC電源駆動による大編成オーケストラ曲(例えばスヴェトラーノフ/ロシア国立響のCD「メロディー」中の“ジーグフリードの葬送行進曲”)でのティンパニー、シンバル等の打楽器の切れと迫力には見事なものがあり、曲によって駆動方法を使い分けるのがベターであろうと思いました。
以上簡単ですが感想を述べさせて頂きました。
使用機器:CDプレーヤー:LINN UNIDISK1.1
     パワーアンプ:マランツ MA9S1×2
スピーカー:ソナスファベール アマティ・アニヴァ―サリオ

TUNAMI GPX V2
レビュー評価
東京都  S.H によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/05)

モニター当選、ありがとうございます。
前モデルをパワーアンプに使用しておりますので、その比較になります。
前モデルは、パワー感を重視して使用してますが、低域寄りのややダブつき気味のピラミットバランスな音で
多少の不満もありました。
V2は、とてもフラットなワイドレンジな音で、音の分離、定位がよく、特に高域の伸びが素晴らしく
女性ボーカルには最適です。
低域の膨張感はなく、すっきりしているものの、最低域はV2の方が出ていると思います。
さらにシースの良さか、静寂感は増してます。
総じて非常に癖のない優秀なケーブルです。

ガツンとパンチ力のある音
レビュー評価
ブサオ によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/04)

この度は、モニターにお選び頂きまして、誠にありがとうございます。
2週間ほど使ってみて感じたことをレポート致します。

【外観】
新素材の極太ケーブルを包む真っ黒な外装にイタリアンレッドのプラグが眩しくとても美しいです。
オーディオラックの裏に隠すのではなく、敢えて見せるための場所へ置きたくなります。
個人的には、GPX-Rのホワイトよりもこちらの方が好きです。

【使い易さ】
先代モデル同様、とても硬いです。
なかなか強靭なボディの持ち主で、こちらの思い通りにならず、電源ボックスが斜めに傾いてしまいました。
購入する際は、電源ボックスまで長すぎず短すぎずピッタリの長さにすることをお勧めします。

【音】
エージングを兼ねて壁コンセントから電源ボックスに接続して使用し、先代のTUNAMI-GPXと比較しました。
まず、先代と比べると見通しが良く空間表現が豊かです。
奥行き感も互角以上に感じます。
管楽器などはとても美しく響きます。
また、一音一音の表現が先代より細やかです。
この点に関しては一長一短があるようで繊細な表現には長けていますが、クラシックギターの爪弾き音やモーグシンセサイザーの分厚い音色に関しては、先代の方がアナログっぽい粒立ちで相性が良いようです。
音の芯もしっかりしています。
低域の解像力は先代より優れています。
バスドラムなどは豪快に気持ちよく鳴ります。

【総評】
まだ、使用して2週間足らずですので、評価するには時期尚早と思いますが、総じてガツンとパンチ力のあるとても優れた電源ケーブルだと思います。
今後は電源ボックスとアンプの間に接続して、カーボンシールドケーブル、TUNAMI-NIGO電源ケーブルと比較してみたいと思います。

前モデルと比較
レビュー評価
東京都 S・H によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/03)

モニター当選、ありがとうございます。
前モデルをパワーアンプに使用しておりますので、その比較になります。
前モデルはパワー感を重視して使用しておりますが、低域寄りの、ややダブつき気味のピラミッドバランス
な音で、多少の不満もありました。
V2はとてもフラットなワイドレンジな音で、音の分離、定位が良く、特に高域の伸びが素晴らしく、女性ボーカルには最適です。
低域の膨張感はなく、すっきりしているものの、最低域はV2の方が出ていると思います。
さらに、シースの良さか、静寂感は増してます。
非常に癖のない優秀なケーブルです。

予想以上の新素材
レビュー評価
T.B によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/31)

今回はモニターに選んで頂有難うございました。

DENON PMA-2000REに繋げて使用いたしました。
以前はStereo誌の付録電源ケーブルを使っていました線の太さも3.5スケアありシールドもそれなりに施されてプラグ部分はオヤイデさんのC-029、P-029ののCPモデルが使ってあります。
Stereo誌のケーブルは純正ケーブルとくらべて若干クリアになったかな?という程度でした。
TUNAMI GPX V2は音を出した瞬間から凄まじかったです。

音域も広く解像度も上がり非常にクリア、低域の重心はぐっと下がり音のリアリティが増しましたS/N比も非常に高いと思います。
高域も程よく伸び刺さるような感じはまったくありません、金属音もキンキンせず心地よいラインで収まってくれる感じです。
中域はかなりぐいぐい前に出てくるようになります、特にヴォーカルは艶もありまるで目の前で歌っているかのようにリアリティのある音です。
ピアノやサックスの音などは演奏者の感情が伝わってくるかのように繊細なタッチや力強さが感じ取れるようになりました。
低域の鳴りは感動物です、重心の下がった音、床を震わす重低音の中にベースやドラムのバックで埋もれてしまいつぶれてしまいそうな音までしっかり聞き取ることができるようになりました。
低域は音の分離が素晴らしく優秀だと感じました、私の環境ではふくらみ過ぎることはありません。
ヴォリュームを下げていっても音がやせ細ってしまうことがなく夜間でも小音量で視聴できるようになりました。
全体的な音のバランスも非常によくまとまっていると思います。

約50時間近く鳴らしましたがエージングによる音の変化が比較的緩やかな印象を受けました。
電源タップ、RCAケーブル、SPケーブルを変えた時よりもTUNAMI GPX V2に変えた時の方が音の変化が一番大きく現れたのには驚きです!!

新素材102 SSCこれから長く付き合って行けそうです、PCOCCの代替ではなくそれ以上のポテンシャルを秘めていると思います。
正直価格以上の満足感が得られると思います、是非一度味わってみてください。

キャラクターがハッキリしているケーブル
レビュー評価
W.M によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/31)

前モデルのTUNAMI GPXは使用したことがないので、
あくまでこのケーブルのみの印象を。。

まずこのケーブルはエージングが必須です。
プリメインアンプに使用したのですが、
初めは音が硬く、押し出しも弱く感じました。
それが50時間以上過ぎた頃から安定してきたように思います。
音は前モデルの情報から低音域が出過ぎるイメージでしたが、
100時間以上エージングが済み、良い意味で覆されました。

特長としては、速いレスポンスと各楽器の分離感が際立つと思います。
ただ低域が全くない訳でなく、むしろ力強い印象です。
自身のシステムでは60~100Hzの音圧が増して聞き取りやすくなりました。
そして高域は2~4kHzが特に変化を感じられ、
この高音の解像度の高さが各楽器のアタックや倍音の違いが明瞭化し、
アタックは速いレスポンス、倍音は分離感にそれぞれ繋がった様に思います。

概ね満足だが、欠点としては
値段がやや高め。
この値段ならハード自体を買い替える資金源に追加出来るだろうし、
逆に三桁を平気で超すようなシステムを持っている人では、
違う選択肢も多くあり、選ばれない可能性も高い。
電源ケーブルとしてはモデルの色?がハッキリしてるので、
好みが分かれるかと思われる。
ケーブル自体が太く固いので、慣れてない人だと取り回しがしにくい。
以上の三点を感じました。

しかしこのケーブルの音が好きな人は、
値段と取り回しがネックになったとしても
それを補うほどのものがあると感じるでしょう。

関連商品