TUNAMI GPX-R V2 1.8m

もっと見る

TUNAMI GPX-R V2 1.8m

素材から技術へ
かつてない精度と技術で創り上げられた精密導体 “102 SSC”。電源ケーブル “TUNAMI V2” の登場です。
オーディオアクセサリー銘機賞2015 受賞モデル

20%OFF

¥38,880

¥31,104

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

5.5スケアもの極太導体によるハイパワー伝送と、厳重な3レイヤーシールディングによって、電源ケーブルの世界に新たな境地を切り開いた初代“TUNAMI”。そのアグレッシブなサウンドとパフォーマンスの高さは、電源ケーブル史上に燦然と輝く金字塔とも言える存在でした。
ところが2013年、PCOCC-A導体の供給終了に伴い、図らずも初代“TUNAMI”は生産完了の憂き目に遭います。
しかし2014年、その命脈は精密導体“102SSC”によって“TUNAMI V2”に受け継がれます。
吟味されつくした初代モデルのコンセプトを継承すべく、“TUNAMI V2”の構造は初代モデルをそのまま継承。
精密導体“102SSC”によって徹底的に磨き上げられ、新たなテイストを纏ったオヤイデの自信作をぜひご堪能下さい。

精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、”102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

TUNAMI GPX V2の特徴

  • 基本構造は初代“TUNAMI”を継承しつつ、精密導体“102SSC”を採用した新生電源ケーブル “TUNAMI V2”。
  • 余裕の導体断面積5.5SQによって、耐電圧600V最大30アンペアというハイパワー伝送と、アグレッシブなレスポンスを提供。
  • 通常の1.15倍のテンションで撚られたショートピッチストランドワイヤーによって、導体内のランダムな隙間を排除し、線間歪による音質劣化を抑制。
  • 絶縁材には、PVCに比して誘電率が1/4という極めて低い値を示す高分子ポリオレフィンを使用。
  • 電磁波吸収体/カーボン層/銅箔による3レイヤーシールディングでノイズをシャットアウト。
  • シース刻印に“TUNAMI V2 ”“102SSC”をマーキングし、V2モデルを明示。
  • TUNAMI GPX-R V2の電源プラグ&IECコネクターには、アスピリンホワイトカラーのP/C-004 SPECIAL EDITION(ベリリウム銅バフ仕上げ+プラチナ/パラジ ウムメッキ)を装着。

製品仕様

ケーブル TUNAMI V2(1.8m)
電源プラグ&IECコネクター P/C-004 SPECIAL EDITION(アスピリンホワイト)
電極材質&メッキ ベリリウム銅バフ仕上げ+プラチナ/パラジウムメッキ
定格 125V/15A PSE認証品

※ケーブル延長0.5m増すごとに税別2,720円加算。ただし、定尺より短い特注は、定尺の販売価格となります。
※ケーブル延長は受注製作につき、納期2週間ほど頂きます。

追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
評価

顧客レビュー 7件

コストパフォーマンスに優れる
レビュー評価
ユーロ によるレビュー / (投稿日時: 2015/02/28)

自身で購入したものを、近い価格帯の物と比較したので投稿させていただきます。
まず、5.5スケアのパワーはしっかり感じられます。3.5スケアの低価格の物を使用するのであれば本製品の購入はありです(システムにもよりますが)。
プラグのメッキの音は好みで選ぶべきなので言及しません。
取り回しは悪いですが、良い必要もそんなにないかと思います。

スッキリ綺麗な音
レビュー評価
Y.I によるレビュー / (投稿日時: 2015/01/31)

この度はありがとうございました。大切に使わせて頂きます。
感想たいへん遅くなり申し訳ございません。

AET HCR EVO → TUNAMI GPX-R V2に交換しての感想です。

一言でいえばすっきりと見透しのよい音です。

以前は若干音の線が太くて、音同士が隠れてしまうこともありましたが、
今回こちらに替えると、見晴らしがスッキリして
滲みがなくなり、音がスッと前に出てきます。とにかく透明感がすばらしいです。
空間表現力も高く、奥行きが出て上下左右にふわっと広がる感じです。
これまでのケーブルの中では聴感上最も変化が大きかったです。
ただ、音像が聴き取りやすくなった反面、低域が少し軽くなった感じで、組み合わせによっては不足気味に感じるかもしれません。
低域よりのシステムに使うと上手くバランスがとれるのではと思います。

自作のTUNAMI(PCOCC-A)+037とも比較しました。
パワー感は前作の方がありましたが、TUNAMI GPX-R V2の方が音に艶があり滑らかで美しく音楽を奏でてくれ、私はこちらの方に魅力を感じました。

自然派
レビュー評価
SS によるレビュー / (投稿日時: 2014/11/05)

ありがとうございました。2週間使用した感想を書きます。
スピーカーはエラック330CE、アンプはラックスマンL-507UXです。507にGPX-RV2をつかいました。それまではアコリバのパワースタンダード(PCOCC-Aモデル)を使っていました。

真っ先に感じたのが静寂感です。背景がとても静かで出てくる音の品位が違う。空間再現力も素晴らしい。
奥行、広がりともに自然で空間が音楽で満ちている。開放的な音で、よくいわれる枠を取っ払った感じです。

高域はきめの細かい粒子感があり、フワッと繊細に伸びる。中域は自然体かつ高解像です。マデリンペルーや
ホセジェームス、チャラ、手嶌葵などボーカルをたくさん聴いたのですが、共通して感じたのがバックのコーラスやストリングスがとてもよく聴こえること。音が隅々までで切ってる感じで音楽全体が生き生きしている。
今までは聞こえてなかった部分があったんだと実感しました。低域はスピード、パワー、切れ味、質感描写など
すべてがハイレベルにまとまっている。ファンクやロックを聴いても強靭さや重厚さよりも自然さを感じる。
これまでのオヤイデのイメージとは違う低音ですが僕はこの音を支持します。507UXがスムーズに全力を出している。これまで飽和していたところがするっと出てくるので笑いが止まりません。

SACDはノラジョーンズのセカンドとサラヴォーンウィズクリフォードブラウンを聴きました。
この二枚が特に驚きで、ノラは今までとは肌触りが全く違う緻密な音で、サラは全くうるさくないパワフルな音。SACDに初めて愛着を感じました。いままではSACDを聴くとなんかちぐはぐな印象を受けていたのですが
こんなすごい音が入っていたとは。

GPX-RV2はすぐれた空間再現力を持つ自然体のケーブルだと思います。 

TUNAMI GPX-R V2
レビュー評価
A.M によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/30)

今回は、モニタープレゼントに選んで頂きありがとうございます。
評価レポートを書くのは、初めてなのでうまく表現できるかわかりませんが、自分なりに感じたことを書かせて頂きます。使用したのは、Accuphase プリ C-2810でACROLINK 7N-P4020III+FURUTECH FI-11M-N1(R)との比較です。まず低域は、ACROLINK 7N-P4020IIIでは、ともすれば量感過多で締まりの無い場合があったのですが、TUNAMI GPX-R V2に交換したとたん、タイトに締まってかつローエンドまで出ている感じです。ボーカルは、元々不満は無かったのですが、さらに定位が良くなった印象です。SNはすばらしく静寂の凄みと言って良いと思います。
これから、エージングが進むとどれだけ良くなるのか、楽しみです。

TUNAMI GPX-R V2
レビュー評価
moriman によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/30)

今回は、モニタープレゼントに当選させて頂き、ありがとうございます。
評価レポートを書き込むのは、初めてなので、うまく表現できるかわかりませんが、自分なりの感想を書かせて頂きます。
使用したのは、AccuphaseプリアンプC-2810でACROLINK 7N-P4020Ⅲ+FURUTECH FI-11M-N1(R)との比較です。まず、取り回しは相当硬いので、苦労します。電源タップは中ずり状態になり、置きたい場所におくことは出来ません。肝心の音質ですが、中低域はタイトに締まり、かつローエンドまで延びる感じです。7N-P4020Ⅲでは、ともすると低域の量感が多すぎ、締まりの無い感じがする場合がありましたが、TUNAMI GPX-R V2では、適正になりました。ボーカルは、定位がカッチリと決まり一歩前へ出る感じです。SNはどちらもすばらしく甲乙つけがたいです。もう少し、エージングが進めばさらに良くなると思います。

しっかりと進化しています
レビュー評価
H.K. によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/28)

モニターに当選させて頂き、有り難う御座いました。あくまで我が家のシステムでの個人的な感想とはなりますが、レポートをさせて頂きます。一言で言えば、「しっかりと進化が確認でき、気持ちの良い音」を引き出してくれるケーブルであると思います。

パソコン内のハイレゾのジャズを中心に、DACから真空管ヘッドフォン・アンプを通し、ヘッドフォンで聴いております。電源安定化装置を用いており、真空管ヘッドフォン・アンプにはソフトスターターを通して電源供給を行っております。電源ケーブルの多くをタップを含め先代「TUNAMI GPX-R」を使わせて頂いておりました。今回新しい「TUNAMI GPX-R V2 1.8m」をモニターさせて頂くと言うことで、新旧対比を中心にレポートさせて頂きます。旧バージョンも十分に良いケーブルであり、満足していたのですが、更に進化しています。

最も音質的な効果が現れるであろうと思われる、安定化装置とアンプへの中継点であるソフトスターター間を変更させて頂きました(残念ながら、ソフトスターターとアンプの間はプラグ形状違いのため変更できません)。正直驚きました。最初から静寂性が違います。真空管を用いておりますのである程度ノイズが乗るはずですが、にもかかわらず先代でも満足していた静寂感が更に増したのです。背景が透明に近くなったとでも言うのでしょうか。そこに音が立ち上がってきます。高揚感が違います。この静寂性のおかげもあると思うのですが、音にはこもりがなくなり、解像度や見通しも良くなりました。一音一音正確に表現され、低音がしっかり沈み込み、特に中・高音に張りが出て、伸びがある音になり、音場が更に広がったとさえ感じます。しかも分解されてバラバラになるわけではなく艶はそのまま、ソースが叙情豊かに再現されます。アンプなどは、設計通りの電源が供給される時に、もっとも良いパフォーマンスを発揮するとよく言われますが、「TUNAMI GPX-R V2 1.8m」は伝送について素直にこの要求にこたえているのではないかと思います。システムの能力を正確に引き出すという、まさしく電源ケーブルに求められている機能を真面目に果たしていると言えるのではないでしょうか。

弱点としては、先代も同じですが、やはり取り回しでしょうか。外見からも分かるように図太く、細かい配線には向きませんが、電源ケーブルですし、この太さは効率への信頼を示すものと言えるのではないでしょうか。ほめすぎのような気もしますので、あえてもう一つ言えば、ケーブルのコーティングに細かなホコリが付いて白っぽくなってしまうことがあります。この部分は変わりません。と言ってもそれほど気になるほどではありませんが、時々掃除しています。この部分まで改良して頂くと言うのは、欲張り過ぎるのかも知れません。

真空管ヘッドフォン・アンプの楽しみの一つは、真空管を変更して音質の変化を愉しむこと、そして自分の好みの音にしていくことですが、それぞれの真空管の特性をきちんと表現してくれなければ違いが分かりません。今回のバージョンアップでこの楽しみが増しました。アンプや真空管の特性を正確に引き出し、気持ちよく聴くことを保障してくれ、聴く愉しみをますます広げてくれるケーブルであると思います。やはり電源基盤は大切であると再認識させてくれるほど、進化しています。出来ることならば、全て「TUNAMI GPX-R V2 1.8m」に変更したいと思うほどです。お勧め致します。

TUNAMI GPX-R V2による音楽
レビュー評価
ポリポリポリンキー によるレビュー / (投稿日時: 2014/10/26)

モニタープレゼントに選んで頂きありがとうございます。駄文で恐縮ですが感想を書かせて頂きます。
当方のプリメインアンプにTUNAMI GPX-R V2をつなぎました。当方の好みはクラシック、その中でも大規模な交響曲と、リュート独奏という両極端の性格を持つ曲で評価しました。当初は単に低音が強調された印象だったのですが、次第に落ち着き始め、やがて豊潤な音楽世界を描き始めました。印象的なのは音の豊かさと静寂性を両立していることです。SNが上がり、低音から高音まで解像度の高い音楽を奏でます。また、夜など小さな音でも豊かな音楽性を表現できるようになりました。東京の住宅事情を考えますと、これは非常に嬉しい点です。
恐らく3レイヤーシールディングと、強固なドレインワイヤーを持つ構造でノイズ混入を完全に防いでいることで静寂性が得られ、そして新しい銅素材102 SSCによる淀みのない電気供給によりアンプが音を出そうとする力を強力にサポートしていることで音楽が強力に前に押し出されるのでは、と感じております。
それにしても新素材102 SSC、凄いですね。悔しいのは当方、同構造でPCOCCの電源ケーブルを所持しておらず既に幻の素材のため、両者を比較できないことです。ですが、新素材102 SSCがここにあるため悲しむ必要は無いですね。今はただTUNAMI GPX-R V2により得られる音楽世界に、ただ浸って楽しもうと思います。オヤイデさん、そして三洲電線さん、ありがとうございます。

関連商品