4781

もっと見る

4781

スイスの電気部品会社SCHURTER社製。オーディオ用に開発されたものではないが実用として十分に通用するハイコストパフォーマンスIECプラグ。低予算で電源ケーブルを自作したい人におススメです!

¥907

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

スイスの大手パーツメーカー、シュルター社の製造する4781コネクターは、奥まった位置にあるIECインレットにも差し込みやすいスリム型コネクターです。さらに、ケーブル取り付けの作業性が良く、構造も頑丈で、オーディオ用に用いても必要十分な音質を有しています。オヤイデ電気では、この4781の素性の良さに着目し、接点による伝送ロス、磁場の乱れを抑えるため、特に接点部分を重点的に改良を加えました。その結果、オリジナルの4781から解像度、レンジ感など、全ての点においてクオリティアップが図られています。インレット周りが狭かったり、奥まったところあるIECインレットに差し込むための、高品位なスリム型コネクターをお探しの方におすすめです。

4781のポイント

  • 音質はきわめてナチュラル。
  • 非常にシンプルな構造で、2sqまでのケーブルは比較的作りやすい。
  • ケーブルを挟み込むクランパーが使いやすく、ケーブルの固定強度は良。
  • クランパーはマイナスネジ2本で本体側と結合。
  • グランド配線をおこなう際、本体中央にあるケース固定ネジが邪魔になる事があるので、ホットとコールド2芯接続が無難

4781の仕様

材質 ナイロン
ブレード 真鍮
取り付け方法 ネジ止め式
最大径 標準 8.5mm / 最大 13.0mm(コードブッシュ取外し時)
定格 UL規格 250V 15A / CE規格 250V 10A / PSE 125V 10A
追加情報

追加情報

メーカー SCHURTER
評価

顧客レビュー 4件

重宝してます。
レビュー評価
よしひろ によるレビュー / (投稿日時: 2017/02/04)

線径の太いケーブルだと”ひと工夫”要るが、一般的なケーブル自作においては一番確実かつ気軽に使えるものの一つ。
端子が無メッキの無垢で、音的にも変な”味付け”がなく、安心して使えると思う。

よく考えられてるが...
レビュー評価
マッキーちゃん によるレビュー / (投稿日時: 2014/06/21)

完璧にバラせるのは良い。
ただハウジングのど真ん中にネジって、古い設計が”これでもか!”と作業を邪魔してくれる。
そして芯線を挿し込むのにフルテック並みと迄は言わないが、もう少し広いと作り易い。
現状ならネジ部をバラしてハンダ付け。
この方が確実性も増す上、優柔不断なオーナーがあれこれ何度も付け替えたりしないで良いだろう。

ぶっちゃけ、このインレットは基本です。
こうした部分で金だの銀だの...音質に大きく影響を与える物を挟んで良くなったと勘違いするより、ケーブルの持ち味を生かし、電送をより確実,安全に機材に伝える事が何よりの大前提であり、世界中のプロの現場で愛される理由です。
ケーブルの太さに合わせてカット出来る接続部分のブーツなど、ホント良く考えられてます。

評価3なのは値段が高過ぎるから。
日本以外では平均400円で買え、またノイトリックのXLRプラグが国内でも250円から買える時代に、お粗末な話だから。
普及が進めば、電源や信号線についてもっとキチンと考える人達が増えるんじゃないでしょうか。。。

SCHURTER 4781
レビュー評価
chat によるレビュー / (投稿日時: 2013/12/09)

二芯のケーブルには、最高です。品質もしっかりしています。三芯のケーブルには、アース線を切って使用しました。値段が安いので非常に助かります。

レビュー評価
hogehoge によるレビュー / (投稿日時: 2008/07/16)

 本体を固定するねじがセンターにあるのが難。
 DIY製作例にあるように別途アース線をコードの外部に用意するのならともかく、最初から三芯のケーブルを使用した場合、ケーブルの逃げ場所がない。
 ケーブルは出口のところで一箇所に集まるのだから、本体の固定はセンターではなく、左右二箇所で行うように設計されるべきものだと考える。
 まぁ、値段なりの品質ということか?

関連商品