SWO-XXX ULTIMO

もっと見る

SWO-XXX ULTIMO

鋭いアタック音 濃い口サウンド JAZZ、ROCKファンに根強い人気。刃受け材質に把持力に優れたリン青銅電極、メッキに 24K金メッキ(1.5μ)+パラジウムメッキ(0.3μ)採用

20%OFF

¥7,992

¥6,393

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

鋭いアタック音 濃い口サウンド JAZZ、ROCKファンに根強い人気

刃受け材質に把持力に優れたリン青銅電極、メッキに 24K金メッキ(1.5μ)+パラジウムメッキ(0.3μ)採用

2002年、その斬新なコンセプトと圧倒的な音質で、センセーショナルを巻き起こしたSWO-DX。その後のカスタマーニーズや販売で培った長い経験と最新のエンジニアリングを加味して誕生したのが、後継モデル「SWO-ULTIMOシリーズ」です。

SWO ULTIMOシリーズのコンセプトは、さらなるパフォーマンス、さらなる精密さ、そしてさらなる進化です。SWOシリーズの基本的なトーンは変えずに、さらなる妥協のない、ダイナミックで洗練されたサウンドを与えます。

ハウジング素材

ボディには優れた機械特性と電気絶縁性を併せ持つ、高比重エンプラ素材PBT+GF30%を投入し、実に重量比40%アップ(従来比)した結果、高比重・高剛性のボディはさらに制動能力を高めました。さらに、ボディの加工精度を高め、ブレード(電極部)とボディは密着を高め、不要振動の発生を最小限に抑えます。また、内部構造レイアウトは荷重分布をシュミレーションし、SWO ULTIMOだけのアイデンティティを与えています。

金具

SWO ULTIMOシリーズ専用に製作された1.5mm厚真ちゅう製のバンドは抜群な強度を有し、壁面からの不要な振動のフィードバックをプロテクトします。抜群の安定感と、信頼感。

ねじ・接合部

全てのネジはステンレス製ビスを使用。剛性の高いステンレスネジはトルクをかけすぎて、ねじ山が潰れる、頭が取れるといったトラブルはありません。また、最大ケーブル取り付けサイズは5.5sqで抜群の作業性を誇ります。刃受け部分とケーブルの引っ張り強度は30kg以上で、ちょっとした引張りでも抜けてくるようなことはありません。これも安全面を十分考慮した結果です。電気安全法をクリアし、アメリカUL安全規格も申請中(7/06'現在)です。また、環境面でも使用する全ての部材は欧州Rods指令をクリアした素材を使用。

刃受け材質

ブレードには高伝導性を有し、且つ十分な機械的特性を兼ね備えている脱酸リン青銅を継承。また、形状はSWO シリーズで実績のある20A対応の形状を継承しながらも、さらに改良を加え強化されました。
ブレードの厚さ0.8mmから1.0mmへと強化され、電流抵抗を軽減しました。また、その保持力も大幅に強化。ハイレベルの接触面積と剛性を有し、加重重量7kg以上という強靭なホールド感を実現。これにより接合部のバイブレーションの低減やロスのない伝送を実現。

刃受けメッキ

パーツとして打ち抜かれた素材は、機械的にバレル研磨されその後、人間の手により1つ1つバフ研磨を施します。これら2度に渡る研磨工程をオーディオ用として応用された例は他に類を見ません。鏡面仕上げ、そしてダイレクトメッキ。
繰り返された試聴テストを経て、それぞれの個性として確立させたオヤイデ独自の厚肉24Kメッキ(2μm)仕上からなるプレーティング。それらが、かつて味わったことのない感動を伝えるのです。

TONE

輪郭は太く力強く表現され、中低域が充実し、鋭いアタック音が心地よい。独特の奥行き感の表現力があり、陰影感や色艶も濃厚に表現される。JAZZやロックなどを濃い口で鳴らしたいときに最適。欧米でも人気が高い。

SWO-XXX ULTIMOの仕様

刃受け材質 リン青銅(表面研磨)
刃受けメッキ 2回磨き上げ、 厚肉24K金メッキ(1.5μ)+パラジウムメッキ(0.3μ) 
ボディ 高剛性 ガラスフィラー入り(30%) PBT樹脂
金具 真鍮に24金メッキ
結線方法  差込ネジ止め式(単線最大適応径:2.6mm /撚り線最大適応断面積:5.5sq) 
定格  125V・15A仕様 PSE認証品
その他 完全非磁性体 
ボディの色違いで2モデルをラインナップ
P:パープル   B/P:ブラック/パープル

オヤイデスタッフレビュー

中低域に厚みとパワーが感じられるピラミッドバランスで、立体的で奥行き感のある音場と、ウエットで艶めかしいボーカルが秀逸です。
中高域にわずかなピークを感じますが、これも独特の味付けとなり、ギターなど弦楽器の響きが厚くて心地よいです。
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
評価

顧客レビュー 3件

レビュー評価
HaRu によるレビュー / (投稿日時: 2007/03/11)

SWO-DX ULTIMOとの比較で一つ購入致しました。
エージングを40時間以上行った後に、聴いてみましたが
音の印象は「芳醇」「丸い」「音一粒の存在感の良さ」でした。

耳に痛い部分がなく、とてもオーディオ的で聴きやすく
パワーよりも繊細さがウリな音質かな、と。

SWO-DX ULTIMOと比較を致しますと、
DXがパワー&キレでROCKなコンセントで、
中低音がスコーン!と抜けつつ、高域もスカッとしていて
ブライトな音だとすれば、
SWO-XXX ULTIMOは繊細&濃厚でJAZZYなコンセントで、
中域の艶が抜群にありながらも帯域バランスが良く
高級感のある色合いを感じました。


どちらも素晴らしい音質ですので、お好みでお選び致しますと
宜しいかと存じます。

因みに、プラグを挿したときのホールド感は凄まじく
食いついて離さないので、電流をシッカリと流してくれるという
安心感があります。

レビュー評価
モニター試聴レポート♪ によるレビュー / (投稿日時: 2006/09/30)

SWO-XXX ULTIMOの試聴レポートはこちらになります。
試聴報告-カム さん
http://oyaide.com/wwwforum/wwwforum.cgi?id=8&az=msg&number=934&page=
試聴報告-ショパン さん
レポート1
http://oyaide.com/wwwforum/wwwforum.cgi?id=8&az=msg&number=902&page=
レポート2
http://oyaide.com/wwwforum/wwwforum.cgi?id=8&az=msg&number=908&page=
レポート3
http://oyaide.com/wwwforum/wwwforum.cgi?id=8&az=msg&number=913&page=
レポート4
http://oyaide.com/wwwforum/wwwforum.cgi?id=8&az=msg&number=925&page=
試聴報告-ぐっち さん
http://oyaide.com/wwwforum/wwwforum.cgi?id=8&az=msg&number=912&page=
試聴報告-ダイナ さん
http://oyaide.com/wwwforum/wwwforum.cgi?id=8&az=msg&number=936&page=
試聴報告-かもじろう さん
http://oyaide.com/wwwforum/wwwforum.cgi?id=8&az=msg&number=929&page=

レビュー評価
FF によるレビュー / (投稿日時: 2006/09/07)

エージング前のファーストインプレッションです。

①TUNAMIなどの重量級でもガッチリホールドされてケーブルが重さで垂れてきません。

②旧SWO-XXX(以降 XX)よりも低音の余裕が増している。
旧XXを最初に使ったときはキラキラした音という印象だったのですが、今回のULTIMO(以降 UL)は低音に余裕が出たという印象ですね。

③ふっと音が沸いてくる感は?
パワーが出ているので、鳴り始めは音がふっと沸いてくるXXの良さがないかな?と思ったのですが、
6時間エージングしまして、だんだんあの官能的な、静けさの中から沸いてくる音が出てきました。
初めはGXを使っているような感じでしたが、だんだんキラキラ感も出てきました。

SWO-XXXと同じに考えてましたが、ULTIMOは予想よりもはるかに上ですね。

関連商品