HIGHEND LINE HLP4

もっと見る

HIGHEND LINE HLP4

二層横巻構造を採用した2芯シールドインターコネクトケーブル S/A LAB HIGHEND LINE HLP4

15%OFF

¥6,264

¥5,356

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

中心にグラスファイバー製のコアを使用し、二層横巻構造の採用により、電線をボリュームアップ(1層目0.08ミリ×58本/2層目0.18ミリ×30本)、同じくアースのドレンワイヤーもアップ(0.18ミリ×30本)しております。シールドにアルミシールドを施してあり、これらにより電気的パラメーターも改善されております。また、地球環境に配慮した新素材ポリオレフィンを使用しており、安全性を確保したケーブル。引き締まったバランスの良い音調が特徴です。

HIGHEND liNE HLP4の仕様

線材 OFC銅
構造 反転同心整列構造(CPWワインド), 2芯シールド
絶縁体(内) フッ素樹脂
絶縁体(外) ポリオレフィン
芯線 1層目58本/0.08mm , 2層目30本/0.18mm
外径 8.0mm
その他 アルミシールド
追加情報

追加情報

メーカー S/A LAB
評価

顧客レビュー 1件

レビュー評価
redfodera によるレビュー / (投稿日時: 2008/11/17)

Eichmann(アイクマンorアイヒマン)のBullet-Silver-RCAプラグを使用し、
ハイスピード指向を念頭にS/A LABでライン・ケーブルを制作してみました。
純銀タイプのBulletとの相性は予想以上に良く、クリアネスに仕上がりました。
Crasse'のプリ&メインの中継に使用しHarbeth LS5/12Aをドライブしています。

南氷洋のごとき温度感と透明度に少々びっくりしました。
位相情報にはかなり敏感なスピーカーですが楽器の位置関係も明瞭で、
見通しの良い奥行きと相まってソーズの立体感もなかなかです。
SPケーブルをスイッチした時の違いが、一層、鮮明に把握できる様になりました。
ヴォーカルはやや突き放したかの様な表現になることもありますが、
口の開き具合やリップ・ノイズはリアルそのもので情報量の多さが実感できます。
再生帯域全域でクリアネスこの上なく展開もスピーディでスリリングです。
また中低域もタイト過ぎずパワーも十分に感じさせてくれます。

発売から時間が経った現在も、使いどころとプラグの選択によって、
ハイスピード&クリアネスは一線級であることを再認識させてくれました。



関連商品