OCB-1 ST 2.0m

もっと見る

OCB-1 ST 2.0m

伝統から革新へ!OCB-1からOCB-1 STへ!オーディオ用電源タップのスタンダードモデルがパワーアップして生まれ変わりました。

20%OFF

¥16,200

¥12,960

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

2年の歳月をかけケーブル、コンセント、BOX、電源プラグと一つ一つを吟味し作り上げた製品は、伝統のオヤイデサウンドのDNAを脈々と受け継ぎながらも、現代オーディオには不可欠な、ハイスピード、高解像度、広大なサウンドステージを兼ね備えた製品へと生まれ変わりました。

OCB-1 STのポイント

  • タップ本体は、高い剛性を持つエンプラ素材「PBT GF30%」をベースに、EMIを考慮しカーボンを配合。極めて高S/Nな透明感のある音質です。
  • 内部配線は6N2mm銅単線を使用。1次2次コンセント音質の均一化を図りました。
  • オリジナルケーブル『L/i50(タフピッチ)』を使用。E JET(電安法)認証品
  • オプショナルパーツで真鍮スパイク・防振ゴムセット『OSP』をご用意。お好みのトーンコントロールを可能にします。(別売り)

OCB-1 STの仕様

コンセント数 6口
内部配線 6N銅単線
コンセント パナソニックWN1503
差込プラグ パナソニックWH4007
外形寸法 W 120× L120 × H 60
入力ケーブル L/i 50(2.0m)
定格 125V・15A仕様 PSE認証品

※ ケーブル延長ご希望の場合は、製作となり納期が10日~2週間頂きます。

追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
評価

顧客レビュー 5件

レビュー評価
咲夜 によるレビュー / (投稿日時: 2011/01/18)

今までアンプ類への延長コードは市販の四つ口タイプを使用していたのですが、電源タップの交換でどの程度の効果が得られるのか試してみました。

専用の真鍮スパイクを使用してます。

使用している主要機器は以下。
アンプ→ONKYO A-933
スピーカー→D-77MRX(3ウェイ)
アンプスピーカーとも御影石のボードに乗っています。

当方の趣向で低域を重視して再生しています。
こちらのタップに変えて変化したことは、低域のレスポンスが良くなったことですね。
表現は難しいですが、ボム…ボムという低音がドン…ドンと言う感じになりました。
高域のカサカサした感じも消え、キラキラと元気のある音に変化しました。総じて、自分好みのエネルギッシュな音質になりました。逆を言うと、繊細さには欠けるのかも知れませんね。

コード自体の線量も市販されている通常のタップと比べると明らかに違い、しかも二芯線では無く四芯線スターカッドという所からしてスペックが違います。

どっしりとした頑丈な本体も、低音を響かせて聞く際にどうしても出てしまう振動系のノイズへの対策にもなっています。上位機種も目が行ったのですが、このシンプルな構造が気に入ってしまい、こちらを長らく愛用することにしました(笑

色々な相乗効果があったみたいで良かったです。






レビュー評価
オールドオーディオファン によるレビュー / (投稿日時: 2009/04/21)

今までこういう特別な電源タップや高級なケーブルは全く信用していませんでした。音を良くするにはアンプ、スピーカー、カートリッジ等を替えるしかないと思っていました。この度、家庭用のテーブルタップから一番価格の安いOCB-1STを始めて使ってみました。
目から鱗が落ちるとはこの事でした!接続と同時に音がクリヤーになり、毎日それがどんどん進みます。今一ヶ月経過しましたが、まだ変化しています。今の所SNが圧倒的に良くなり、音の輪郭がクリアーになりました。
これでは他のケーブルも全てオヤイデに交換するしかないようです。

レビュー評価
水銀 によるレビュー / (投稿日時: 2008/09/26)

DAWのモニター環境のステップアップをしようと、
アンプを壁のコンセントへ直挿しからこれに繋ぎ替えてみました。

最初のうちは「音が前に出てきた!分離が良くなった!」と喜んでいたのですが、
次第に聴き疲れしやすい音になってしまった事に気が付きました。

どうも2~3kHz辺りが張り出している様に感じます。

今はリスニングや音作りには使っていませんが、
ミックスダウンで各パートの音量や配置を決める際には重宝しています。

レビュー評価
やまさん によるレビュー / (投稿日時: 2008/09/09)

楽器用に使用です。

解像度が上がったというか、音がクリアになり締まったクセのない良い音になりました。タップ1つでここまでの違いには驚きを隠せません。手頃な値段で良いサウンドが手に入りますので、購入の検討価値は十分にあります。

小生、インシュレーターも同時に購入しましたが、これはあるなしの音の違いが判りませんでした。でも付けた方がいいんだろうな、というプラシーボ効果を信じます。

レビュー評価
redfodera によるレビュー / (投稿日時: 2008/05/11)

さすが定番中の定番。使用してデメリットは全くありません。
クセがなくとても自然で誇張感がないことが最大の特徴です。
専用アクセサリーの真鍮インシュレーターを装着し使用していますが、
すっきり高域が伸びて定位が整理され好印象です。
フェライト・コアをコンセント付近とハウジング付根に使用すると透明度も上がります。
ちょっとの工夫で美音美声が実現します。
3連のプラグに食いつきが今ひとつなのが残念です。

関連商品