HPC-35HDX V2

もっと見る

HPC-35HDX V2

精密導体102 SSC”を採用したSENNHEISER HD650用プレミアムヘッドホンケーブル


2017年4月14日新登場!

20%OFF

¥8,100

¥6,480

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

ゼンハイザーHD650は今日のヘッドホンブームの中にあっても不動の人気を誇る、実に10年以上もの長きにわたって愛されるロングセラーモデルです。オヤイデ電気では、このHD650などを対象としたヘッドホンケーブルHPC-HDを2011年に、その後継HPC-HDXを2012年に発売。ケーブル交換の楽しみをHD650ユーザーに届けてまいりました。

そして2017年、待望のHPC-35/63HDX V2が登場します。基本構成は前モデルを継承しつつ、ケーブル導体にオヤイデ電気の誇る“精密導体102 SSC”を新たに採用。音質にさらなる磨きを掛けました。

嵌合性に優れたオリジナルヘッドホン側コネクター、耐蝕性に優れた24K金メッキコンタクト、音質の要である銀/ロジウムメッキプラグ、電気特性に優れたPFA絶縁、無鉛銀ハンダSS-47による接合など、オヤイデ電気が長年のケーブル開発で蓄積したテクノロジーを投入。

全て国産のオヤイデオリジナルパーツを使用し、組み立ても国内製造に拘った「JAPAN MADE」のプレミアムヘッドホンケーブルです。ケーブルの長さは1.3mと2.5m、プラグはミニプラグと標準プラグをご用意し、様々なシチュエーションに対応できるラインナップを取り揃えました。

HPC-35HDX V2の特徴

嵌合性に優れたオリジナルの金メッキモールドコネクター

モールド形状と材質を徹底的に追及することで、信頼性と音質の向上を図り、モールドプラグの差し込み部分に、スリット状のモールドを施すことで、差し込み時のぐらつきを無くし、ヘッドホンへの勘合性を高めました。

また、握りやすいプラグ形状にしたことで、着脱のしやすさを改善。 モールド樹脂には強度と電気特性に優れた硬質ポリプロピレンを採用し、電極は高精度に削り出した銅合金製ピンに、24K金メッキをプレーティング。音声信号をロスなくヘッドホンへ伝送します。

音の要である銀/ロジウムメッキプラグ

3.5ミニプラグおよび1/4TRSフォーンには、HPC-Seriesで実績のあるオヤイデオリジナルの銀+ロジウムメッキ「P-3.5SR」「P-240T-SR」を採用。

ケーブル導体に"精密導体102SSC"を新たに採用

基本構成は前モデルを継承しつつ、ケーブル導体にオヤイデ電気の誇る“精密導体102 SSC”を新たに採用。音質にさらなる磨きを掛けました。 また、シースは高級感のあるマット調の透明PVCで、透けて見える銀メッキシールドと相まって、白銀色の輝きを放つ、美しい仕上がりとなっています。

 

音響ハンダSS-47を使用

配線のハンダ付けには、オヤイデ電気オリジナルの音響専用ハンダ”SS-47”を使用。通常のはんだはコスト面から錫の純度が99.9%(3N)程度です。”SS-47”はさらに純度を上げ不純物を極限まで排し、実に99.993%(4N)以上という高純度錫を採用。また導電率の向上、はんだの食われ防止を目的とし、銀、銅を配合しました。しかも通常の合金はんだの場合、銀の配合比は3~3.5%ですが”SS-47”はなんと4.7%という物量を惜しげもなく投入。

さらに、金属の中でも銀の次に導電率の高い銅を1.7%配合。この配合比により導電率は飛躍的に向上し、共晶点217度に設定することに成功。 勿論これらの配合比は、数値的なデータと作業性だけで判断したわけではありません。 オーディオ用ハンダと銘を打つには、音質が最優先されてしかるべきと考えます。 さまざまな配合比のプロトモデルを幾度とないヒヤリングテストにより生み出されたのが”SS-47”なのです。

HPC-35HDX V2の仕様

ケーブル HPC-23TN V2 1芯シールド2本平行ケーブル(外径2.4mm×2)
中心導体 ”精密導体102SSC”(AWG23)
絶縁体 フッ素樹脂(PFA)
シールド 銀メッキ銅編組シールド
外装 PVC(透明)
ヘッドホンアンプ側プラグ ステレオミニプラグP-3.5SR(銀+ロジウムメッキ) 
ヘッドホン側コネクター 24K金メッキコンタクト+PPモールド
長さ  1.3m / 2.5m 
ハンダ オリジナル無鉛銀ハンダSS-47
適合機種 HD650、HD600、HD580、HD565、HD545、HD525、HD25SP-II、HD25LIGHT etc.
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
評価
関連商品