4N純銀撚り線 10/0.12 (FEP被覆)

もっと見る

4N純銀撚り線 10/0.12 (FEP被覆)

4N純銀線の撚り線タイプが登場しました!

¥1,296

(税込)

  • 5 m お買い上げで1mあたり ¥1,080  割引率: 17%

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

絶縁体の処理が行いやすく、柔らかく取り回しの行い易い、4N純銀配線材です。 自作用配線材として多くのユーザー様よりご希望を頂きました、FEPフッ素被覆付き4N純銀線をご用意しました。

従来は単線のみの取り扱いでしたが、新たに撚り線を特注し、より内部配線材として使いやすくなりました。 銀は銅に比べて柔らかく、イヤホンリケーブルやミニミニケーブルなど屈曲性が必要なシチュエーションにも非常に使いやすいです。 また銀は銅よりも導体抵抗が少ないので、純度の高い純銀の特性を生かした新しい用途も期待できます。

絶縁体FEP(フッ素樹脂)

信号を伝送する上で、導体はもっとも重要な要素です。しかし、ケーブルとしての伝送特性を高めるためには、絶縁体も重要な要素です。 絶縁体による信号の損失を軽減するために、最も絶縁特性に優れたフッ素樹脂を使用。 フッ素樹脂は、現存する樹脂絶縁体の中でも最も誘電率の低い物質です。

各製作例

  • イヤホン・リケーブルや3.5ステレオミニケーブルに!

  • 真空管アンプやレコードプレイヤーの内部配線、シェルリードワイヤーに!
  • ツイーター部の配線材に!
  • その他、機器用内部配線材

音質傾向

銀特有の解像度の高さが如実に表れ、銅撚り線とは全く異なる、透明感ある音質が特徴。 被覆による信号の損失が少ないことによる高域の伸びの良さも特筆すべき点です。 空間表現に優れ、開放感のある音場を表現します。

特にイヤホンリケーブルで使用した際、解像度の高さから曲の持ち味を生かすことに貢献し、静かな曲では更なる静寂感を、音数の多い曲では音の分離の良さを際立たせます。

材質

導体 4N純銀 10/0.12
絶縁体 FEPフッ素樹脂 0.15t
外径 約0.75mm
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
評価

顧客レビュー 4件

解像度がすごくいい
レビュー評価
pocle によるレビュー / (投稿日時: 2017/07/17)

純銀のケーブルに興味があったが、
普通に買うと3万とかする上に欲しい仕様(前後のインターフェイスとかワイヤー有無とか)が無いので、いっそ自作することに。

線材は同じく人気のある銀メッキと迷ったが、
たまたま店頭で両方視聴できたので確認したところ、
明らかに高音の出方に違いを感じたのでこっちを購入。
結果、5000円とは思えない位いい音なので満足しています。
低音が弱いと他レビューで言われているが私的にそんなことは無く、単に高音が強い事のトレードオフなだけじゃないのか、と。

スミチューブとかで保護したほうがいいのか迷ったが、取り回しを重視したいのと、キレイに仕上げる環境(ヒートガンとか)が無いので断念。
なので耐久性が少し心配だが、こういうケーブルって保護チューブ付けないとすぐ被膜破けたりするのですかね?
もしそうなったら、そこだけ応急処置した後にチューブ付けなおすか。。

高域の伸び good
レビュー評価
ken によるレビュー / (投稿日時: 2016/08/16)

ue900sのリケーブルのため2.5mm4極プラグで2本づつ合計8本、編み込みで使用しました。
低音は輪郭がはっきりして引き締まるようになり、高音は細かい音まで
聞こえるようになりました。
取り回しの面は8本でも良く曲がるケーブルとなりました

音の解像度の改善、楽器の倍音がしっかり出る
レビュー評価
kaz によるレビュー / (投稿日時: 2015/09/23)

JVCケンウッドのアームレスヘッドホンHP-600ALをリケーブルするためにオヤイデの3.5mmミニプラグP-3.5APとセットで使いました。

ぼやけていた低音も引き締まった音となり、高音域の倍音が出るようになり全体的に音の厚みが増す感じです。
しかも、音の解像度が高くなり、楽器が多く音の多い曲でもそれぞれの音がハッキリと聞きやすい感じとなりました。

音の解像度、倍音の出かた◎
レビュー評価
kaz によるレビュー / (投稿日時: 2015/09/23)

JVCケンウッドのイヤーハンガータイプヘッドホンHP-AL600のリケーブルのためオヤイデの3.5mmミニプラグP-3.5APとセットで使用しました。

プラグから左に三つ網、左から右に2本ツイストして、最後に透明なスミチューブで保護して使用しています。
低音の感じはそのままで、低音のキレが良くなったのと、高音域の倍音がしっかり出るようになり音の厚みが増すような感じです。
元のスペックでは聞こえなかったor聞こえづらかった音も聞こえるようになり、楽器の多い曲でもそれぞれの音の分離感が良く聞きやすい音になりました。

関連商品