3398-18 オーディオ機器用内部配線材

もっと見る

3398-18 オーディオ機器用内部配線材

精密導体“102 SSC”と“XLPE”絶縁による、耐熱・耐電圧に優れたオーディオ機器用内部配線材。
国際規格のUL3398(3398-SYは除く)に準拠したオーディオ用内部配線材


※こちらの商品は1巻でのご注文の場合100m巻きとなります。

20%OFF

¥432

¥345

(税込)

在庫状況: 在庫あり

詳細

詳細

精密導体“102 SSC”と“XLPE”絶縁による、耐熱・耐電圧に優れたオーディオ機器用内部配線材。 国際規格のUL3398(3398-SYは除く)に準拠したオーディオ用内部配線材

精密導体 “102 SSC”とは

  • 高度な製造管理を行った結果、導電率は 102.3 %IACS( 伸銅終了時)
  • 不純物の混入を極力避けるために、JIS C1011 に準拠した銅の中でもリサイクル銅を一切含まないバージン銅のみを使用
  • 素線の表面平滑性を高めるため、天然ダイヤモンドダイスを採用
  • ピーリング加工を施すことで伸銅に付着した不純物を 100%除去
  • 2度にわたるアニーリング加工で、素線の機械的な応力歪を排除
  • 標準誤差許容値 ±8μm をはるかに凌ぐ ±1μm という加工精度の下、作り上げられた素線
  • 製造管理数値、メンテナンス、出荷日数など徹底した製品管理

精密導体 “102 SSC”のピーリング加工とは

通常は洗浄によって表面に浮き出た不純物の除去が行われますが、”102 SSC” はμ単位で表面を削る、機械ピーリングによって表面に浮き出た不純物を 100%除去します。 このピーリング加工を電気用銅線に用いる事は世界でも類がなく、日本が誇る加工技術がここにも冴えます。

精密導体 “102 SSC”の更に詳しい情報はこちらをクリック

絶縁体“XLPE”とは

産業用電線で使われる、絶縁材として使われていて、耐熱、耐電圧に優れている絶縁体です。
滑りもよくストリップしやすく、作業性に優れております。
耐熱温度も定格150℃となりまして、ハンダ熱でも融解しにくいです。

製品特長

  • 精密導体“102SSC”を採用したオーディオ機器用内部配線材“3398 Series”。
  • 米国のUL規格 AWM Style 3398に準拠(3398-SY除く)。
  • オヤイデ電気オリジナルでオーディオ用に精密導体“102SSC”を使用。
  • 絶縁体には、電子線照射により分子構造を強化したXLPE(架橋ポリエチレン)を採用。
  • XLPEは高い耐熱性(定格150℃)と、高耐電圧(定格300V、ピーク電圧600V)を示し、ハンダの熱でも溶融しにくく、作業性に優れています。
  • AWG16/18/22の3種類の導体太さに加え、1芯シールド(3398-SY)もご用意。
  • 3398-SYは34本構成のスパイラルシールドで素線間の隙間を排除し、優れたシールド効果を発揮。外シースにPVCを採用し、優れた柔軟性を確保。
  • アンプやスピーカーの内部配線、オーディオケーブルの自作など、幅広い用途にご使用いただけます。

詳細

製品名称 3398-22 
BK(黒) WT(白)
3398-18 
BK(黒) WT(白)
3398-16 
BK(黒) WT(白)
3398-SY 
(黒)1芯シールド
導体構成/導体断面積 13/0.18
AWG22(0.3sq)
34/0.18
AWG18(0.75sq)
52/0.18
AWG16(1.25sq)

中心:21/0.18 
シールド:34/0.18
AWG20(0.5sq)

仕上り外径 1.6mm 2.0mm 2.4mm 3.0mm
規格/定格 UL 規格 AWM Style 3398 VW-1 / 105℃ 300V(ピーク電圧600V) -
導体/絶縁体 102SSC / XLPE (3398-SY:外シースPVC)
追加情報

追加情報

メーカー オヤイデ電気
評価
関連商品